【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【レイヤ4編】Part 1


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【レイヤ4編】

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回はトランスポート層に関する問題がメインになっています。
TCPとUDPの違いは必ず押さえておきましょう!

問題1

TCPとUDPにはどのような違いがありますか。(2つ選択)

  1. TCPはベストエフォート型の通信を提供する。
  2. TCPは同期通信をおこなう。
  3. TCPセグメントは本質的にデータグラムである。
  4. TCPはパケットにシーケンス番号付けをおこなう。
  5. TCPはブロードキャスト通信を利用する。
問題1の解答と解説を表示

問題2

ワークステーションがWebサーバとHTTPパケットを交換する前に、何をしなければなりませんか。

  1. ワークステーションとそのデフォルトゲートウェイの間にUDP接続を確立する必要がある。
  2. ワークステーションとWebサーバの間にUDP接続を確立する必要がある。
  3. ワークステーションとそのデフォルトゲートウェイの間にTCP接続を確立する必要がある。
  4. ワークステーションとWebサーバの間にTCP接続を確立する必要がある。
  5. ワークステーションとそのデフォルトゲートウェイの間にICMP接続を確立する必要がある。
  6. ワークステーションとWebサーバの間にICMP接続を確立する必要がある。
問題2の解答と解説を表示

問題3

2つの一般的なTCPアプリケーションはどれですか。 (2つ選択)

  1. TFTP
  2. SMTP
  3. SNMP
  4. FTP
  5. DNS
問題3の解答と解説を表示

問題4

どのトランスポート層プロトコルが確認応答を必要とせずにベストエフォート型の通信サービスを提供しますか?

  1. HTTP
  2. IP
  3. TCP
  4. Telnet
  5. UDP
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP