【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【レイヤ3編】Part 4


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【レイヤ3編】Part 4

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
前回に引き続き、今回もルーティングが中心になっています。
今回からはダイナミックルーティングをやっていきます!
シナリオ問題でもよく問われる分野なので、しっかりと押さえていきましょう!!

問題1

アドミニストレーティブディスタンスは何を表していますか。

  1. 2つの隣接するルータ間のリンクのコスト
  2. 他の機器から通知されたネットワークに到達するためのコスト
  3. 管理上設定されているネットワークに到達するためのコスト
  4. ルーティングにおける信頼性の尺度
問題1の解答と解説を表示

問題2

RIPv2について、正しい記述はどれですか。(3つ選択)

  1. ルーティングアップデートにブロードキャストを使用する。
  2. 自動集約をサポートしている。
  3. クラスレスなルーティングプロトコルである。
  4. RIPv1よりも小さいアドミニストレーティブディスタンスを持つ。
  5. RIPv1と同じ最大ホップ数を持つ。
問題2の解答と解説を表示

問題3

リンクステート型のプロトコルを実行しているルータは、トポロジデータベースを構築および維持するためにどのような情報を使用しますか?(2つ選択)

  1. ハローパケット
  2. 他のルータから送られるSAPメッセージ
  3. 他のルータからのLSA
  4. ポイントツーポイントリンクで受信した信号。
  5. 他のリンクステートルータから受信したルーティングテーブル
  6. 指定されたルータからのTTLパケット
問題3の解答と解説を表示

問題4

OSPFを実行するためにルータを正しく構成し、ネットワーク192.168.16.0/24をOSPFエリア0に追加するためには、どのコマンドが必要ですか。(2つ選択)

  1. Router(config)# router ospf 0
  2. Router(config)# router ospf 1
  3. Router(config)# router ospf area 0
  4. Router(config-router)# network 192.168.16.0 0.0.0.255 0
  5. Router(config-router)# network 192.168.16.0 0.0.0.255 area 0
  6. Router(config-router)# network 192.168.16.0 255.255.255.0 area 0
問題4の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP