【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【レイヤ3編】Part 2


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【レイヤ3編】Part 2

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回はレイヤ3の内容の中の、特にルータの動作やコマンドについてを出題しています。
特にshowコマンドは、表示される内容をしっかり把握しておきましょう!!

問題1

インターフェイスの現在のIPアドレスとレイヤ1と2の基本ステータスを表示する2つのコマンドはどれですか。 (2つ選択)

  1. Router#show version
  2. Router#show ip interface
  3. Router#show protocols
  4. Router#show controllers
  5. Router#show running-config
問題1の解答と解説を表示

問題2

IPアドレス10.10.80.1/19をインターフェイスに設定するルータコマンドはどれですか?

  1. router(config-if)# ip address 10.10.80.1/19
  2. router(config-if)# ip address 10.10..80.1 255.255.0.0
  3. router(config-if)# ip address 10.10.80.1 255.255.255.0
  4. router(config-if)# ip address 10.10.80.1 255.255.224.0
  5. router(config-if)# ip address 10.10.80.1 255.255.240.0
  6. router(config-if)# ip address 10.10.80.1 255.255.255.240
問題2の解答と解説を表示

問題3

次のうち、ルータでパケットに対して実行する機能はどれですか?(2つ選択)

  1. 受信したパケットのレイヤ2ヘッダーを調べ、その情報を使用してパケットのネクストホップを判断します
  2. 送出パケットのレイヤ2ヘッダーをネクストホップのMACアドレスに更新します
  3. 受信パケットのレイヤ3ヘッダーを調べ、その情報を使用してパケットのネクストホップを判断します
  4. 受信パケットのレイヤ3ヘッダーを調べ、その情報を使用して、パケットが最終的な宛先にルーティングされる完全な経路を判断します
  5. パケットが有効なネクストホップに適切に誘導されるように、送信パケットのレイヤ3ヘッダーを更新する
  6. パケットが最終的な宛先に適切に誘導されるように、送信パケットのレイヤ3ヘッダーを更新する
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP