【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【レイヤ3編】Part 1


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【レイヤ3編】Part 1

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回からレイヤ3に関する問題を中心に出題していきます。
まずは、IPアドレスやサブネットマスクを完璧にしよう!!

問題1

172.16.159.159/22のネットワークアドレスは何ですか。

  1. 172.16.0.0
  2. 172.16.128.0
  3. 172.16.156.0
  4. 172.16.159.0
  5. 172.16.159.128
  6. 172.16.192.0
問題1の解答と解説を表示

問題2

管理者は、/ 26マスクでサブネット化された192.168.4.0ネットワークを使用して作業しています。同じサブネット内のホストに割り当てることができるアドレスはどれとどれですか。(2つ選択)

  1. 192.168.4.61
  2. 192.168.4.63
  3. 192.168.4.67
  4. 192.168.4.125
  5. 192.168.4.128
  6. 192.168.4.132
問題2の解答と解説を表示

問題3

ネットワーク管理者が、ネットワークに300台のワークステーションの拡張を要求しました。ワークステーションは1つのブロードキャストドメインに含まれている必要がありますが、各ワークステーションにはそれぞれ独自のコリジョンドメインが必要です。拡張は、この要件を満たしながら、可能な限り費用対効果の高いものにする必要があります。どの3つの項目が適切に要求を満たしますか。(3つ選択)

  1. 255.255.254.0のサブネットマスクを持つ1つのサブネットを利用する。
  2. 255.255.255.0のサブネットマスクを持つ2つのサブネットを利用する。
  3. 48ポートのハブを7台利用する。
  4. 48ポートのスイッチを7台利用する。
  5. ルータを1台利用する。
  6. ルータを7台利用する。
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP