【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【レイヤ1,2編】Part 3


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【レイヤ1,2編】Part 3

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回もレイヤ1、レイヤ2に関する問題を中心に出題していきます。
ネットワークを基礎から学んでいきましょう!!

問題1

スイッチにIPアドレスを割り当てる目的は何ですか。

  1. ローカルホストにデフォルトゲートウェイアドレスを提供するため。
  2. スイッチのリモート管理を可能にするため。
  3. スイッチに2つのホスト間でのARP要求への応答を可能にするため。
  4. 同じLAN上のホスト同士の通信を保証するため。
問題1の解答と解説を表示

問題2

あるスイッチには48のポートと4つのVLANがあります。このスイッチ上に存在するコリジョンドメインとブロードキャストドメインの数はいくつですか。(コリジョンドメイン、ブロードキャストドメインの順です)

  1. 4,48
  2. 48,4
  3. 1,48
  4. 48,1
  5. 4,1
問題2の解答と解説を表示

問題3

接続されたトランクポートでは、VLANトラフィックにタグを付けるためにどの方法を使用しますか.。

  1. IEEE 802.1w
  2. IEEE 802.1D
  3. IEEE 802.1Q
  4. IEEE 802.1p
問題3の解答と解説を表示

問題4

シスコのスイッチでは、接続されたVoIP電話がシスコまたは他のベンダーからのものであるかどうかをどのプロトコルによって判別できますか。

  1. RTP
  2. TCP
  3. CDP
  4. UDP
問題4の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP