【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【レイヤ1,2編】


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【レイヤ1,2編】

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回はレイヤ1、レイヤ2に関する問題を中心に出題していきます。
ネットワークを基礎から学んでいきましょう!!

問題1

スイッチとハブはどのような違いがありますか?

  1. スイッチは、フレーム転送時間に遅延時間を引き起こさない。
  2. スイッチは、直接接続されたデバイスのMACアドレスを追跡する。
  3. スイッチは、OSIモデルのより効率的なレイヤで動作する。
  4. スイッチは、ブロードキャストドメインの数を減らす。
  5. スイッチは、コリジョンドメインの数を減らす。
問題1の解答と解説を表示

問題2

 SwitchAは下のようなアドレス指定のフレームを受信します。表示されているコマンド出力によれば、SwitchAはどのようにこのフレームを処理しますか?

  1. フレームは破棄される
  2. Fa0/6のポートからのみ転送される。
  3. Fa0/3のポートからのみ転送される。
  4. 全てのポートにフラッディングされる。
  5. Fa0/3を除く全てのポートにフラッディングされる。
問題2の解答と解説を表示

問題3

CSMA / CDアクセス方式の操作を表す2つのステートメントはどれですか。(2つ選択)

  1. CSMA / CD衝突ドメインでは、複数のステーションが同時にデータを正常に送信できる。
  2. CSMA / CDコリジョン領域では、ステーションは、メディアが使用されていない状態になるまで送信を待たなければならない。
  3. 衝突ドメインのサイズを拡大するためのハブの使用は、CSMA / CDアクセス方法の動作を改善する1つの方法である。
  4. 衝突の後、衝突を検出したステーションは、失われたデータを再送信するために第1の優先順位を有する。
  5. 衝突後、すべてのステーションはランダムバックオフアルゴリズムを実行する。バックオフ遅延期間が終了すると、すべてのステーションは同じ優先度でデータを送信する。
  6. 衝突後、関連するすべてのステーションは同一のバックオフアルゴリズムを実行し、データを送信する前に互いに同期する。
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP