IT情報@PRO人

ブロックチェーン技術とネットワークエンジニアリングの今後


Bitcoinの成功の背後にあるコンセプトであるブロックチェーン(分散型元帳とも言われる)は、動的なデジタル・トランザクション登録を提供します。それがネットワーク全体に分散しているデータベースのようなものと捉えてください。情報は複数のノードで絶えず共有・調整され、それぞれのデータベースには一貫したデータが存在します。このデータベース内の取引は監査され、コンセンサスで合意されます。変更を追跡するこの分散型の方法は、元帳が実際にいずれかのエンティティによって制御されることができないようにし、単一点障害の可能性を排除し、第三者の介入を必要とせずにトランザクションの検証を可能にします。各相互作用は公開されており、ブロックチェーンテクノロジは信頼性の高いトランザクションベースのインフラストラクチャを提供するという観点から、その価値は暗号化技術だけに留まりません。

ブロックチェーン技術は、複数の業界に影響を与えることが期待されます。ネットワークアーキテクトも例外ではなく、いずれ来るであろう崩壊に警戒しておく必要があります。ブロックチェーンの信頼性の高いピアツーピア通信モデルは、より効果的なIoTエコシステムに貢献し、ソフトウェアで定義されたネットワーキングはブロックチェーン元帳によって簡素化され、データストレージの分散モデルはクラウドベースのインフラストラクチャへの差し迫った移行を予期する人々に浸透します。暗号化の背後にあるイデオロギーに同意するかどうかにかかわらず、ブロックチェーン技術はネットワークエンジニアリングを劇的に変化させる可能性を秘めています。

Blockchain Labsのブロックチェーン開発者であるRoman Storm氏は、「ブロックチェーン技術によって、ほとんどすべての業界が影響を受けます。」分散型ストレージ環境ではアプリケーションを開発してホストすることができ、データベースはスマートコントラクトを使用して接続でき、たとえば複数のブロックチェーンをOracleのクロスチェーンブリッジ技術を使用して相互に接続できます。ネットワークエンジニアの役割は、特定のブロックチェーン間の信頼性の高い接続を保証することです。

TCP/IPプロトコルが現在の主流となったのは、低コストの接続性を提供していることに起因します。それと同様に、インターネット上の新しいレイヤーとして、ブロックチェーンは集中型コントローラを必要とせずに大規模なネットワークデバイスの管理と追跡のオーバーヘッドを軽減するのに貢献します。

これはIoTに限った話ではありません。デバイス自体が直接通信して、バグの管理、ソフトウェアの更新、パフォーマンスの監視などのタスクを自律的に実行できるソフトウェア定義のネットワークを考えてください。すべてのプロセス、タスク、または対話は、共有データベース内に格納されます。ユーザー管理が簡素化され、BYOD環境がネットワーク内に新しいデバイスの追加を正確かつ確実に記録できるようになりました。

さらに、自己管理スマートコントラクトを使用してネットワーク管理をさらに簡素化することができます。スマートコントラクトは、特定の要件が満たされたときにアクションを実行するようにプログラムできるブロックチェーンに格納されたスクリプトであり、複数ステップのプロセスの自動化が可能です。これにより、ネットワークにパケット損失や停電などの特定の条件が発生したときに、最適化またはフェールオーバープロセスを開始することもできます。

ブロックチェーンの価値は、資産を移転するメカニズムとして使用できることからもたらされ、現状ではほとんどの努力を費やしてきた金融業界と瓜二つになっていますが、基本的なレベルでは、1と0のやりとりです。そのデータが暗号化されているかUDPストリームであっても、2つのノード間の中央データリンクが必要な場所であれば、ブロックチェーンの影響を受ける可能性があります。クラウドベースのアーキテクチャがビジネスアプリケーションの標準となっているため、従来のデータセンターは、リアルタイムデータの適切なアクセスに対応するための理想的な環境が提供できない可能性があります。データセンターのインフラストラクチャは、データの迅速かつシームレスな転送を保証するために、近い将来の状況に適応する必要があります。

ブロックチェーン技術は、ピアツーピアネットワーク上で分散し協調的なクラウドストレージ環境を可能にし、弾力性と高速性をより低コストで提供します。利用可能なスペースをレンタルするストレージベンダーは、ストレージベースのブロックチェーンのバックボーンを提供します。下位レベルでは、インターネットに接続し、ハードドライブに空き容量を持つ人が参加できます。本来の暗号機能と配布アドレスの待ち時間の問題のため、セキュリティは問題とはなりません。何よりも、誰もあなたのデータを所有したり制御したりすることはありません。はるか未来の話のように感じますが、Storjのような早期採用者はすでにこの分野でサービスを提供しています。

これを達成するための技術はまだ存在しないかもしれませんが、間違いなく勢いを増していき、誰もがこの波に乗ることを熱望しています。 IBMは金融取引のために独自のブロックチェーンを提供しています。 Linux FoundationのHyperledgerプロジェクトは、エンタープライズアプリケーションにブロックチェーンテクノロジを適用することを目指しています。さらに、Azureはブロックチェーンテクノロジを採用しています。分野に関わらず、ブロックチェーン技術がインターネットの世界にもたらす崩壊の準備をしておきましょう。

■出典

NETWORKWORLD
https://www.networkworld.com/article/3236479/asset-management/how-blockchain-technology-could-affect-the-future-of-network-engineering.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP