【Unity】Elemental Swords【作品紹介】


Unityの作品紹介


Unityのワークショップ参加者の作品がリリースとなりました。
今回はその作品を紹介したいと思います。

作品名「Elemental Swords」


Elemental Swords

作者のYさんの初めてのリリース作品となります。
ゲームの企画、素材のデザイン、コーディングまで全てオリジナルです。

AndroidユーザーはGooglePlayからダウンロードできます。(無料、広告なし!)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.throwingaxe.cardgame
※iOS(iPhone)版は現在作成中です。

どんなゲーム?


火・水・植物の魔力を秘めた剣と盾で戦うカードゲーム
属性のついたカードを出し合い、1試合6ターンで合計ポイントを競います。
コインを掛けてバトルに参加し、コンピュータに勝利すると報酬コインをゲット!
コインを増やしたら、より高レートの試合に参加して、更に多くのコイン獲得を狙おう!
Elemental Swords

■基本ルールはジャンケンと同じ!
ただし、1枚のカードで攻撃、防御をそれぞれ判定するので、ジャンケンよりも奥の深いバトルができます。
Elemental Swords

・剣の属性が相手の盾の属性に勝てば3ポイント(Slash)
・同じ属性同士は相殺し合って1ポイント(Graze)
・剣が盾の属性に負けると0ポイント(Miss)

・デッキのカードは属性の組み合わせで全9種類
・1試合で使うカードは6種類で、手札に配られる3枚はランダム

互いの手札はオープンなので、相手の手を予想して場に出すカードを選択します。
ガードを固めつつ相手の弱点を叩いてポイントを稼ぎましょう!

■稼いだコインでカードや背景のデザインをカスタマイズ
コインを貯めてカードや背景のデザインのアンロックすれば、ゲーム画面を自由にカスタマイズできます。
入手できるデザインは全部で25種類!コンプリートを目指しましょう!
Elemental Swords

■細かいプレイログとやり込める実績システムもあり!
がんばると手に入るトロフィーたち。
運を味方につければすぐに手に入るものもあります!
Elemental Swords

是非遊んでみてください!


デザインのお仕事をされていた方が、プログラミング未経験から作り上げた作品です。
(私もちょっとだけプログラミングをお手伝いしました。)
渾身の力作ですので、是非ダウンロードして遊んでみてください!

今月の新着記事

【全部Gitのせい】Unityの Unable to parse YAML file エラーの直し方
【知っておいた方がいい】UnityでWebGLにビルドできないエラーの対処法
【解けないとマズい練習問題】C# 練習問題 9

記事一覧にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP