java apache commons

Java apache commons HashCodeBuilder サンプルプログラム


HashCodeBuilderの説明(google翻訳)

Object.hashCode()メソッドの実装を支援します。

このクラスを使用すると、任意のクラスに対して適切なhashCodeメソッドを構築できます。これは、Joshua Bloch著「Effective Java」という本のルールに従います。良いhashCodeメソッドを書くことは、実際には非常に困難です。このクラスは、プロセスを簡素化することを目的としています。

次のアプローチが採用されています。データフィールドを追加すると、現在の合計に乗数が乗算され、そのデータタイプに関連する値が加算されます。たとえば、現在のhashCodeが17で、乗数が37の場合、整数45を追加すると、674のハッシュコード、つまり17 * 37 + 45が作成されます。

オブジェクトからの関連するすべてのフィールドは、hashCodeメソッドに含める必要があります。派生フィールドは除外することができます。一般に、equalsメソッドで使用されるフィールドは、hashCodeメソッドで使用する必要があります。

このクラスの書き込みコードを使用するには、次のようにします。

public class Person {
String name;
int age;
boolean smoker;

public int hashCode() {
// you pick a hard-coded, randomly chosen, non-zero, odd number
// ideally different for each class
return new HashCodeBuilder(17, 37).
append(name).
append(age).
append(smoker).
toHashCode();
}
}

必要に応じて、スーパークラスのhashCode()をappendSuper(int)を使用して追加できます。

あるいは、リフレクションを使用してテストするフィールドを決定する方法があります。これらのフィールドは通常非公開であるため、reflectionHashCodeメソッドはAccessibleObject.setAccessibleを使用してフィールドの可視性を変更します。適切な権限が正しく設定されていない限り、セキュリティマネージャの下では失敗します。明示的にテストするよりも遅くなります。

このメソッドの典型的な呼び出しは次のようになります。

public int hashCode() {
return HashCodeBuilder.reflectionHashCode(this);
}

HashCodeExcludeアノテーションを使用すると、reflectionHashCodeメソッドでフィールドが使用されないようにすることができます。

Object#hashCodeをオーバーライドする際の補助メソッドになります。
いちいち書くのが面倒なあなた向けのおすすめのソリューションです。

ただ、説明にも書かれていますが、hashCodeの実装は結構面倒です。
ですので、Mapなどのキーを作成する場合は、気を付けるか、何か基準を作成して実装しましょう。
ちなみに、javaの場合によく使うのがORMです。JPAの規格にのっとると、Entityのキーが複合キーの場合は、hashCodeをオーバーライドする必要があります。

HashCodeBuilder

package jp.pjin.tech.java;

import jp.pjin.tech.java.domain.Dog;

public class CommonsExample17 {
	public static void main(String[] args) throws Exception {
		Dog d1 = new Dog();
		d1.setId(1);
		d1.setName("クロ");
		d1.setType("柴犬");

		Dog d2 = new Dog();
		d2.setId(1);
		d2.setName("クロ");
		d2.setType("パグ");

		Dog d3 = new Dog();
		d3.setId(1);
		d3.setName("シロ");
		d3.setType("パグ");

		System.out.println(d1.hashCode());
		System.out.println(d2.hashCode());
		System.out.println(d3.hashCode());
	}
}

Dog

package jp.pjin.tech.java.domain;

import java.io.Serializable;

import org.apache.commons.lang3.builder.EqualsBuilder;
import org.apache.commons.lang3.builder.HashCodeBuilder;
import org.apache.commons.lang3.builder.HashCodeExclude;

public class Dog implements Serializable {
	private static final long serialVersionUID = 1L;

	private int id;
	private String name;
	@HashCodeExclude
	private String type;

	public int getId() {
		return id;
	}

	public void setId(int id) {
		this.id = id;
	}

	public String getName() {
		return name;
	}

	public void setName(String name) {
		this.name = name;
	}

	public String getType() {
		return type;
	}

	public void setType(String type) {
		this.type = type;
	}

	@Override
	public boolean equals(Object obj) {
		return EqualsBuilder.reflectionEquals(this, obj);
	}

	@Override
	public int hashCode() {
		return HashCodeBuilder.reflectionHashCode(this);
	}

}

Dogには、フィールドが3つ定義されています。
id, name, type
typeに関しては、hashCodeの算出からはずしています。(@HashCodeExcludeがついています)

サンプルを見てみると、dog1とdog2はtypeのみ別の値をセットしています。ですので、同じhashCodeが出力されます。
それに対し、dog3は名前を変更しています。ですので、別のhash値が出力されます。

オブジェクトの標準のtoStringは、データ型@ハッシュコードという形式で、System.out.printlnを実行すると実行されます。
ですので、System.out.println(d1);などで、ハッシュコードを確認することも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP