シスコ技術者認定試験時の身分証明書について試してみた


ピアソンVUEのテストセンターにて提示する身分証は発行元によってグループ分けされ複数の提示が必要ですよね、一般的には運転免許書+あと一点を提示する事が多いかと思いますが今回は有効な身分証の例に提示されていない身分証を用いて受験が可能かを試してみました。(テストセンターの皆さん面倒な受験者でごめんなさい)

 

1.無線従事者免許証を2点(陸上特殊無線+アマチュア無線)

⇒2点ともDグループの判定で他の身分証を求められる結果に、

Aグループで同じ発行元(関東電気通信管理局長)の身分証2点というのが

有効かを確認するつもりだったのに予定が狂う・・・

いずれも有効期限が無く(一生有効)で写真が中学生の時のものなので

まあ仕方ないか

2.小型船舶免許

⇒一旦Dグループの判定をされるものの

発行者にはっきりと国土交通大臣とある事を指摘し再検討を依頼

数分待たされた後Aグループとして有効との回答

 

これでA グループから 1 点 + D グループから 1 点の条件を満たし受験可能となりました。

 

無線従事者免許=Dグループ

 

小型船舶免許=Aグループ(但し要交渉)

 

 

 

テストセンターの受付で判断がつかないものは一旦Dグループと判定されるようですが

条件を示して再検討(多分現場責任者の判断を仰いでる?)してもらう事は可能な様子

先の無線免許は発行元が日本政府では無いと言われましたがよく見たら「日本国」と

書いてあるからいけるのかもしれない。

(受付の方にすごい手間かけちゃったのでもうしばらくは試しませんけど)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP