java apache commons

Java apache commons Validate サンプルプログラム


Validateの説明(google翻訳)

このクラスは引数の検証を支援します。検証方法は、以下の原則に基づいています。

無効なヌル引数により、NullPointerExceptionが発生します。
null以外の引数を指定すると、IllegalArgumentExceptionが発生します。
配列/コレクション/マップ/文字列に無効なインデックスがあると、IndexOutOfBoundsExceptionが発生します。
すべての例外メッセージは、Javaプラットフォームで定義されているフォーマット文字列です。例えば:

Validate.isTrue(i> 0、​​ “値は0より大きくなければなりません:%d”、i);
Validate.notNull(姓、 “姓は%sであってはいけません”、null)

単項目チェックに使うエラーチェッカーです。
どのようにエラーチェックをするかは好みの問題になってくるところが大きいですが、
最近は、Springフレームワークなどを利用することが多いと思いますので、単体チェックはフォームオブジェクトにアノテーションを付けてエラーチェックという流れではないでしょうか。

if文などで書く場合は、エラーコード、エラー対象、エラーメッセージなどを保存するオブジェクトを作成したりしますが、今回のサンプルは、エラーメッセージのみ出力するようなものになります。

Validate

package jp.pjin.tech.java;

import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

import org.apache.commons.lang3.Validate;

public class CommonsExample13 {
	public static void main(String[] args) throws Exception {
		List<String> errors = new ArrayList<>();
		double a = 13.2;
		long b = 15l;

		try {
			Validate.exclusiveBetween(1, 13, a);
		} catch (NullPointerException | IllegalArgumentException e) {
			errors.add(e.getMessage());
		}

		try {
			Validate.exclusiveBetween(1, 13, b);
		} catch (NullPointerException | IllegalArgumentException e) {
			errors.add(e.getMessage());
		}

		try {
			Validate.isTrue(1 > a, "%.1fは1より大きいです。1より小さい値を入力してください。", a);
		} catch (NullPointerException | IllegalArgumentException e) {
			errors.add(e.getMessage());
		}

		errors.forEach(System.out::println);

	}
}

サンプルでは、チェック毎にtry-catchを書いていますが、実際のソースは、try-catchは1ブロックのみの場合もあります。
この場合は、上からチェックし、エラーがあれば例外をキャッチしエラーチェックが終了という流れになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP