java apache commons

Java apache commons StringUtils サンプルプログラム


StringUtilsの説明(google翻訳)

null安全なStringの操作

・IsEmpty/IsBlank – 文字列にテキストが含まれているかどうかを調べる
・Trim/Strip – 先頭と末尾の空白を削除する
・Equals/Compare – 2つの文字列をnullで安全に比較する
・startsWith – Stringが接頭辞nullで安全であるかどうかを調べる
・endsWith – Stringが接尾辞null-safeで終わるかどうかを調べる
・IndexOf/LastIndexOf/Contains – null安全なインデックスのチェック
・IndexOfAny/LastIndexOfAny/IndexOfAnyBut/LastIndexOfAnyBut – 任意の一連の文字列のインデックス
・ContainsOnly/ContainsNone/ContainsAny – 文字列にはこれらの文字のみ/ /なしが含まれます
・Substring/Left/Right/Mid – ヌルに安全なサブストリング抽出
・SubstringBefore / SubstringAfter / SubstringBetween – 他の文字列との相対的な部分文字列抽出
・Split/Join – 文字列を部分文字列の配列に分割します。
・Remove/Delete – 文字列の一部を削除する
・Replace/Overlay – 文字列を検索し、ある文字列を別の文字列に置き換えます
・Chomp/Chop – Stringの最後の部分を削除する
・AppendIfMissing – 存在しない場合は、Stringの末尾に接尾辞を追加します。
・PrependIfMissing – 存在しない場合は、文字列の先頭にプレフィックスを付加します
・LeftPad/RightPad/Center/Repeat – 文字列をパディングする
・UpperCase/LowerCase/SwapCase/Capitalize/Uncapitalize – 文字列の大文字と小文字を変更する
・CountMatches – ある文字列の出現回数を別のものに数えます
・IsAlpha/IsNumeric/IsWhitespace/IsAsciiPrintable – 文字列内の文字をチェックする
・DefaultString – null入力文字列に対して保護する
・Rotate – 文字列の回転(循環シフト)
・Reverse/ReverseDelimited – 文字列を反転させる
・Abbreviate – 省略記号を使用して文字列を省略します。
・Difference – 文字列とその相違点を比較します。
・LevenshteinDistance – あるStringを別のStringに変更するのに必要な変更の数

StringUtilsクラスは、文字列の処理に関連する特定の単語を定義します。
・null – null
・empty – 長さゼロの文字列( “”)
・space – スペース文字( ”、char 32)
・whitespace – Character.isWhitespace(char)で定義された文字
trim – String.trim()のように<= 32の・文字 StringUtilsはnull入力文字列を静かに処理します。つまり、null入力はnullを返します。 booleanまたはintが返される場合、詳細はメソッドによって異なります。 null処理の副作用は、NullPointerExceptionをStringUtilsのバグとみなす必要があることです。 このクラスのメソッドは、その動作を説明するサンプルコードを提供します。記号*は、nullを含む入力を示すために使用されます。

大変お世話になっております。
文字列操作でNullPointerExceptionからおさらばできます。

さようならNullPoiterException。

とにかく利用する関数が盛りだくさんです。isEmptyやisNotEmptyは読みやすいし、ヌルポもでません。

StringUtils

package jp.pjin.tech.java;

import org.apache.commons.lang3.StringUtils;

public class CommonsExample10 {
	public static void main(String[] args) throws Exception {
		String str = "abc";
		String blank = "";
		String nullStr = null;

		if (StringUtils.isEmpty(nullStr)) {
			System.out.println("nullStr is null.");
		}

		if (StringUtils.isNotEmpty(str)) {
			System.out.println("str is not empty.");
		}

		if (StringUtils.isBlank(blank)) {
			System.out.println("blank is blank");
		}

		if (StringUtils.isNotBlank(str)) {
			System.out.println("str is not blank");
		}

		if (StringUtils.equals(null, str)) {
			System.out.println("null str is equals");
		} else {
			System.out.println("null str is not equals");
		}

		if (StringUtils.equals(str, nullStr)) {
			System.out.println("str nullStr is equals");
		} else {
			System.out.println("str nullStr is not equals");
		}

		if (StringUtils.equals(nullStr, blank)) {
			System.out.println("nullStr blank is equals");
		} else {
			System.out.println("nullStr blank is not equals");
		}

	}
}

頻繁に利用するものだけをサンプルとして書きました。
isEmpty, isNotEmpty, isBlankなどよく利用します。
equalsに関しては、実行する方がnullでなければヌルポは出ないのですが、StringUtilsを利用すると条件が減るので楽です。

それ以外にも今回は紹介できませんでしたが、便利な関数ぞろいです。
是非使ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP