ionicでPipeを使ってみる


変数を見せるようにPipeを使用して変更してみます。
今回は、booleanのものを「true」なら「同意する」、「false」なら「同意しない」を表示させてみます。

実装

まずはPipeを作成します。
コマンド:ionic g pipe [Pipe名]

pipesフォルダが作成されてその中にpipeが作成されています。

booleanの変数を「同意する」または「同意しない」に変更するようにtransformメソッドを以下のように書き換えます。

import { Pipe, PipeTransform } from '@angular/core';

/**
 * Generated class for the AgreePipe pipe.
 *
 * See https://angular.io/docs/ts/latest/guide/pipes.html for more info on
 * Angular Pipes.
 */
@Pipe({
  name: 'agree',
})
export class AgreePipe implements PipeTransform {
  /**
   * Takes a value and makes it lowercase.
   */
  transform(value: boolean) {
    if(value) {
      return '同意する';
    } else {
      return '同意しない';
    }
  }
}

home.htmlでPipeを使用します。

<ion-header>
  <ion-navbar>
    <ion-title>
      Ionic Blank
    </ion-title>
  </ion-navbar>
</ion-header>

<ion-content padding>
  {{ check | agree }}
</ion-content>

home.tsに変数を準備します。
とりあえずtrueにしておきます。

import { Component } from '@angular/core';
import { NavController } from 'ionic-angular';

@Component({
  selector: 'page-home',
  templateUrl: 'home.html'
})
export class HomePage {
  check:boolean;

  constructor(public navCtrl: NavController) {
    this.check = true;
  }

}

実行

実装が完了したのでionic serveで実行してみます。

home.tsのcheckをfalseにして実行してみます。

しっかりとbooleanが変換されて「同意する」、「同意しない」に変更することができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP