java apache commons

Java apache commons BooleanUtils サンプルプログラム


BooleanUtilsの説明(google翻訳)

ブール・プリミティブとブール・オブジェクトに対する操作。
このクラスはヌル入力を正常に処理しようとします。 null入力に対しては例外はスローされません。各メソッドは、その動作をより詳細に記録します。

利用するか?と聞かれると何とも言えないのですが、今回のサンプルは、プロパティーなど文字列からbooleanを取得する際に、
“true”, “on”, “y”, “t”, “yes”などでtrue、”false”, “off”, “n”, “f”, “no”でfalseを生成する関数を紹介します。

BooleanUtils

package jp.pjin.tech.java;

import java.util.Arrays;

import org.apache.commons.lang3.BooleanUtils;

public class CommonsExample4 {
	public static void main(String[] args) {

		boolean[] b = {
			BooleanUtils.toBoolean("y"),
			BooleanUtils.toBoolean("Yes"),
			BooleanUtils.toBoolean("n"),
			BooleanUtils.toBoolean("No"),
			BooleanUtils.toBoolean("True"),
			BooleanUtils.toBoolean("False")
		};

		System.out.println(Arrays.toString(b));
	}
}

文字列からブール値を生成するのはラッパークラスで行いますが、true, falseなどの文字列が利用されます。
でも、色々な人がいて、設定値をyesとかnoにしたい!など言い始めます。
その時は文字列置換などして初期ロード時のプロパティーに入れるのですが、toBooleanを利用すれば、あら簡単!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP