java apache commons

Java apache commons ArrayUtils サンプルプログラム


ArrayUtilsの説明(google翻訳)

配列、プリミティブ配列(int []など)、プリミティブラッパー配列(Integer []など)の操作
このクラスはヌル入力を正常に処理しようとします。 null配列の入力に対して例外はスローされません。
ただし、null要素を含むObject配列は例外をスローする可能性があります。それぞれのメソッドは、その動作を記録します。

javaの配列は固定長です。可変長は、java.util.ArrayList, Vectorを利用します。
固定長にこだわりたい人は、System.arraycopyを駆使することになるのですが、だったらArrayListを利用したほうが良いと思います。

ただ、一つの値を追加したい!なんて要求は、このArrayUtilsがかなえてくれます。

ArrayUtils

package jp.pjin.tech.java;

import org.apache.commons.lang3.ArrayUtils;
import org.apache.commons.lang3.builder.ToStringBuilder;

public class CommonsExample3 {
	public static void main(String[] args) {
		int[] arr = ArrayUtils.EMPTY_INT_ARRAY;
		arr = ArrayUtils.add(arr, 3);
		arr = ArrayUtils.add(arr, 5);
		arr = ArrayUtils.add(arr, 7);

		arr = ArrayUtils.addAll(arr, 7, 7, 7);

		Integer[] obj = ArrayUtils.toObject(arr);
		int[] intarr = ArrayUtils.toPrimitive(obj);

		System.out.println(ToStringBuilder.reflectionToString(arr));
		System.out.println(ToStringBuilder.reflectionToString(obj));
		System.out.println(ToStringBuilder.reflectionToString(intarr));

	}
}

夜中とかにプログラムしているとよくあることなのですが、戻ってきた値が追加(変更)された値です。

代入しよう!

まあ、忘れますけど。文字列置換など、replaceなどして、再代入を忘れ、デバックしながら「なんで値が変わらないのだろう?正規表現あってるのにな?」みたいなこと考えます。
代入してください。問題は解決してくれます。

さて、このユーティリティーはもっと便利なメソッド盛りだくさんです。
今回は、プリミティブー>ラッパークラス、ラッパークラスー>プリミティブの変換コードも入れてあります。

プリミティブ(ここではint)をtoObjectすると、リファレンス(ラッパークラスのInteger)配列に変換してくれます。
逆はtoPrimitiveを実行しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP