【Unity uGUI】RawImageコンポーネントを徹底解説


RawImageコンポーネント


RawImageとImageの違いってご存知ですか?
uGUIシリーズ も6回目、今回は RawImage について解説します。

WS000736

※使用しているUnityのバージョンは5.5.0f3です。

RawImageとImageの違い


RawImageはImageと同じ画像を表示するためのUIですが、いくつか仕様が異なります。

・RawImageは全てのテクスチャを表示できますが、ImageはSpriteしか表示できません。
・RawImageにはImage Typeのプロパティがないため、繰り返し表示の有無などはTexture自体の設定から行います。

※Imageについては以前掲載した 【Unity uGUI】Imageのつかいかた に詳しくまとめてありますので、参考にどうぞ。

RawImageの用途は?


RawImageは任意のテクスチャが使用できるため、Imageと違いSpriteを用意する必要がありません。
ダウンロードした画像や、ゲーム内で使用してるテクスチャをそのまま表示する際に使用しましょう。

RawImageのコンポーネントプロパティ


それでは、RawImageコンポーネントについて見ていきましょう。

RawImageオブジェクトはデフォルトで以下のコンポーネント構成となっています。
(UIオブジェクトは、Transformの代わりに Rect Transform を持ちます。)
WS000737
見ての通りRawImageコンポーネントしか持っていません。

■Texture

Textureではシーンに表示したい画像のソースファイルを指定します。
RawImageは全てのTexture Typeに対応しているため、例えば(.png)などをプロジェクトにインポートしたら、そのファイルをそのままD&Dで紐づけられます。※(.png)をインポートするとTexture TypeはDefaultです。
WS000738

■Color

Colorは画像の色と透明度を設定できます。
これはImageと同じですね。
WS000671WS000673

■Material

画像にマテリアルを適用できます。これもImageと一緒です。

■RayCast Target

Rayに当たるかどうかの設定です。
チェックを入ればクリックやタップをすることができます。
チェックを外すとRayはこのUIを突き抜けます。

■UV Rect

画像のオフセットとサイズを変更できます。
例えば大きい画像の一部を表示したり、画像を縮小したりできます。
ugui_rawimage
※UV Rectの変更は、テクスチャのWrap Modeなどの設定により挙動が異なります。

■Set Native Size

WS000737-2
このボタンを押すと、Width と Height が元画像サイズになります。

以上が、uGUIのRawImageです。
頑張って使いこなしましょう。

今月の新着記事

【合格体験記】Unity開発者認定試験に合格しました
【Unity認定試験対策】Unity 練習問題 10 – Rigidbody –
【Unityプログラミング力向上】C# 練習問題 7

記事一覧にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP