Python入門 Djangoを使う(その3)


Python入門 Djangoを使う(その3)

はじめに

不定期連載のPython入門第12回目です。今回もこまごまとした構文学習をすっとばしてDjangoを使っていきます。
前々回で環境構築を行い、前回Webページを表示してみました。今回は前回作成したプロジェクトで作成されたファイルの内容を確認していきましょう。

今回の内容:
・プロジェクト生成時に自動生成されるファイルの確認。
–manage.py
–settings.py

manage.py

pythonスクリプトが記述されたファイルです。
様々なサブコマンドを持っており、プロジェクトの設定などはこのスクリプトを使って行います。

サブコマンドは、以下のようにmanage.pyを実行すると一覧表示されます。

$ ./manage.py
Available subcommands:

[auth]
    changepassword
    createsuperuser

[django]
    check
    compilemessages
    createcachetable
    dbshell
    diffsettings
    dumpdata
    flush
    inspectdb
    loaddata
    makemessages
    makemigrations
    migrate //★
    sendtestemail
    shell
    showmigrations
    sqlflush
    sqlmigrate
    sqlsequencereset
    squashmigrations
    startapp
    startproject //★
    test
    testserver

[sessions]
    clearsessions

[staticfiles]
    collectstatic
    findstatic
    runserver //★

★マークはすでに実行したことのあるサブコマンドです。
今後幾つか使う予定ですので、詳しくはその時に。

settings.py

djangoの設定が記述されたファイルです。
項目をいくつかピックアップして説明します。

$ cat sample1/settings.py 
"""
Django settings for sample1 project. 

Generated by 'django-admin startproject' using Django 1.10. 

For more information on this file, see
https://docs.djangoproject.com/en/1.10/topics/settings/

For the full list of settings and their values, see
https://docs.djangoproject.com/en/1.10/ref/settings/
"""

import os //OSモジュールをインポートします。

# Build paths inside the project like this: os.path.join(BASE_DIR, ...)
BASE_DIR = os.path.dirname(os.path.dirname(os.path.abspath(__file__))) //プロジェクトディレクトリの絶対パスを取得します。

# Quick-start development settings - unsuitable for production
# See https://docs.djangoproject.com/en/1.10/howto/deployment/checklist/

# SECURITY WARNING: keep the secret key used in production secret!
SECRET_KEY = 'xxxxxxxxxxx' //CSRF_TOKENなどセキュリティキーとして利用される定数SECRET_KEYを設定します。

# SECURITY WARNING: don't run with debug turned on in production!
DEBUG = True //DEBUGモードをONにしています。

ALLOWED_HOSTS = [] //許可ユーザを指定します。


# Application definition

INSTALLED_APPS = [
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
]

MIDDLEWARE = [
    'django.middleware.security.SecurityMiddleware',
    'django.contrib.sessions.middleware.SessionMiddleware',
    'django.middleware.common.CommonMiddleware',
    'django.middleware.csrf.CsrfViewMiddleware',
    'django.contrib.auth.middleware.AuthenticationMiddleware',
    'django.contrib.messages.middleware.MessageMiddleware',
    'django.middleware.clickjacking.XFrameOptionsMiddleware',
]

ROOT_URLCONF = 'sample1.urls' //URLルーティングの設定を行うファイルの指定(デフォルト)

TEMPLATES = [ //テンプレートを指定します。
    {
        'BACKEND': 'django.template.backends.django.DjangoTemplates',
        'DIRS': [],
        'APP_DIRS': True,
        'OPTIONS': {
            'context_processors': [
                'django.template.context_processors.debug',
                'django.template.context_processors.request',
                'django.contrib.auth.context_processors.auth',
                'django.contrib.messages.context_processors.messages',
            ],
        },
    },
]

WSGI_APPLICATION = 'sample1.wsgi.application'


# Database
# https://docs.djangoproject.com/en/1.10/ref/settings/#databases

DATABASES = { //データベースを指定します。
    'default': {
        'ENGINE': 'django.db.backends.sqlite3',
        'NAME': os.path.join(BASE_DIR, 'db.sqlite3'),
    }
}


# Password validation
# https://docs.djangoproject.com/en/1.10/ref/settings/#auth-password-validators

AUTH_PASSWORD_VALIDATORS = [ //認証のバリデーションの形式を指定します。
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.UserAttributeSimilarityValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.MinimumLengthValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.CommonPasswordValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.NumericPasswordValidator',
    },
]


# Internationalization
# https://docs.djangoproject.com/en/1.10/topics/i18n/

LANGUAGE_CODE = 'en-us' //言語指定

TIME_ZONE = 'UTC' //タイムゾーン指定

USE_I18N = True

USE_L10N = True

USE_TZ = True


# Static files (CSS, JavaScript, Images)
# https://docs.djangoproject.com/en/1.10/howto/static-files/

STATIC_URL = '/static/' //静的ファイルの格納ディレクトリを指定します。

まとめ

今回はDjangoの軸となるmanage.pyというスクリプトと、設定ファイルsettings.pyを見てみました。
次回はプロジェクトディレクトリ以下のそれ以外のファイルを見てみましょう。

Python入門シリーズ一覧

  • Python入門 pythonとは?
  • Python入門 pythonでHelloWorld
  • Python入門 pythonで文字列操作
  • Python入門 pythonで文字列操作その2
  • Python入門 pythonで日付の操作
  • Python入門 MacにPython3.5.1をインストールする手順まとめ
  • Python入門 SQLiteに接続する
  • Python入門 Getリクエスト送信(requestsを利用)
  • Python入門 MySQLに接続する
  • Python入門 Djangoを使う(その1)
  • Python入門 Djangoを使う(その2)
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. 2017年 2月 07日
    PAGE TOP