Python入門 Djangoを使う(その2)


Python入門 Djangoを使う(その2)

はじめに

不定期連載のPython入門第11回目です。今回もこまごまとした構文学習をすっとばしてDjangoを使っていきます。
前回環境構築ができましたので、今回は実際にDjangoを使ってWebページを表示してみます。

今回の内容:
・Djangoを使ってWebページを表示する。

Djangoを使ってWebページを表示する。

まずDjangoプロジェクトを作成します。

$ django-admin startproject sample1 .

今回はsample1としました。

カレントディレクトリに「manage.py」というpythonスクリプトが出来上がるので、
このファイルを実行し、マイグレーションを行います。

$ python manage.py migrate

これを実行することにより、Django備え付けのSQLiteというデータベースサーバに、データベースが作成されます。
再び「manage.py」にこんどは「runserver」という引数を渡し、Webサーバを起動します。WebサーバもDjango備え付けのWebサーバです。

$ python manage.py runserver

これでローカル環境上でWebサーバが立ち上がりましたので、Djangoプロジェクトにブラウザからアクセスすることができます。
http://127.0.0.1:8000
にアクセスしてみましょう。以下のように表示されればOKです。

django2-1

まとめ

今回はPythonのWebアプリケーションフレームワークのDjangoの初期ページの表示までを学習しました。
なんだかよくわからない内に、とっても簡単にできてしまいましたが、このようにコマンド一つでWebアプリケーションのひな形を作成できる点も、フレームワークの良さの一つです。

Python入門シリーズ一覧

  • Python入門 pythonとは?
  • Python入門 pythonでHelloWorld
  • Python入門 pythonで文字列操作
  • Python入門 pythonで文字列操作その2
  • Python入門 pythonで日付の操作
  • Python入門 MacにPython3.5.1をインストールする手順まとめ
  • Python入門 SQLiteに接続する
  • Python入門 Getリクエスト送信(requestsを利用)
  • Python入門 MySQLに接続する
  • Python入門 Djangoを使う(その1)
  • Python入門 Djangoを使う(その2)
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    PAGE TOP