【きっとわかる】Herokuを使ってみよう 第1回 ~Herokuの特徴~


ブログなどを見ているとHerokuというサービスで試しているけど…
Herokuってなんだろう…?そして、英語ばかりで難しそう…。
 
そんなことはありません!!
 
使い方さえわかれば、
 
非常に簡単!しかも無料で!!
 
自分の作ったWEBアプリケーションを試すことができます。
今回、基本的な使い方を解説していきますのでこれを機にHerokuデビューしましょう!

Herokuを使ってみよう 第1回

Herokuの特徴

まずは、Herokuの特徴について説明していきます。

Herokuのホームページ

Herokuのホームページは以下になります。
 
https://www.heroku.com/home

プラットフォームの提供

HerokuはPaaS(Platform as a Service)を提供するサービスです。
サーバを立ててWEB公開するまでの大まかな道のりとして、
 
①ハードウェアの調達
②OS等のセットアップ
③JVM等の実行環境の整備やWEBアプリケーションのインストール等
④アプリケーション公開
 
のような流れになります。ちょっと試したいだけなのに道のりが長い…。
PaaSでは、③の実行環境の整備やWEBサーバとしての機能が実装されている状態のサーバを使用することができます。
ちょっとしたサンプルコードを試してみたいときなどには、とくに重宝するサービスです。

言語について

Heroku上で動く言語についてですが以下の言語を動かすことが可能です。

  • Node.js
  • Ruby
  • Java
  • PHP
  • Python
  • Go
  • Scala
  • Clojure

%e8%a8%80%e8%aa%9e
サンプルコードを試したい言語はだいたい揃っているのではないでしょうか。

無料枠が月に1000時間

Herokuの料金体系についてですが、なんと!
全アプリケーションの合計稼働時間1000時間まで無料※で利用することができます。(2016年12月現在)
※クレジットカードを登録した場合 していない場合550時間
そのため、サンプルコードを動かすだけの場合は、そのときに3時間程度稼働させるだけなので、
実質無料で環境を使用することができます。
また、1アプリのみであれば常に稼働(24h*30日=720h)していても1000時間超えないので問題ありません。

30分でインスタンスがスリープする

これはデメリットになりますが、30分間アクセスがない場合にインスタンスがスリープ状態になります
要するにスリープから立ち上がる分、その際のアクセスのレスポンスが遅くなります。
回避策としては、30分に一回スケジューラなどでアクセスすることで、スリープ状態にしないようにすることができます。

Herokuの料金体系(2016年12月現在)

上記の特徴と被りますが、Herokuの料金体系はこんな感じです。

%e6%96%99%e9%87%91%e4%bd%93%e7%b3%bb
https://www.heroku.com/pricing

次回の予定

次回は、Herokuのアカウント登録をしていきます。

Heroku連載記事

【きっとわかる】Herokuを使ってみよう 第1回 ~Herokuの特徴~
【きっとわかる】Herokuを使ってみよう 第2回 ~アカウント登録~
【きっとわかる】Herokuを使ってみよう 第3回 ~デプロイ準備~
【きっとわかる】Herokuを使ってみよう 第4回 ~アプリケーション登録、起動~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP