CakePHP3メモ:View(ctp)でのif文の書き方


CakePHP3メモ:View(ctp)でのif文の書き方

PHPのフレームワーク「CakePHP3」を使う中で気になった点や嵌った点をまとめていきます。
TIPSとしてご参考ください。

今回はView内でのif文の書き方です。

if文

<?php if($x === 10): ?>
  <span>TEN ! </span>
<?php endif; ?>

普通のPHPのif文と一見変わらないように見えますが、
波括弧「{」「}」で括っておらず、コロン「:」を使っているところが注意です。

if-else文

続いて、if-else文です。

<?php if($x === 10): ?>
  <span>TEN ! </span>
<?php else: ?>
  <span>NOT TEN ! </span>
<?php endif;? >

if-elseif-else文

最後にif-elseif-else文です。

<?php if($x === 10): ?>
  <span>TEN ! </span>
<?php elseif($x === 20): ?>
  <span>TWENTY ! </span>
<?php else: ?>
  <span>Neither TEN nor TWENTY! </span>
<?php endif;? >

まとめ

いかがでしょうか?PHPの記述になれているとテンプレート側の記述はついつい間違えてしまいがちですよね。特にCakePHPは通常の記述と似ているので、注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP