CakePHP3メモ:インストール手順(Ver3.X)


CakePHP3メモ:インストール手順(Ver3.X)

PHPのフレームワーク「CakePHP」のバージョン3が出たので、インストール手順をまとめてみました。
バージョン2のインストール手順はこちら

0.前提条件&準備

今回は以下のLAMP環境にインストールしていきます。

OS Linux(CentOS6.8)
Webサーバ Apache
DBサーバ MySQL
PHP 5.6.X

※補足1
CakePHP3は必要環境としてPHP5.5.9以上を挙げています(PHP7も可)。
またPHP拡張モジュールとしてmbstringintlが必要です。
PHPのバージョンが低い人はアップデートしておきましょう。
特にyumでインストールしている人はPHP5.3が入ってしまうはずですので注意しましょう。

※補足2
CakePHPではApacheのmod_rewriteの機能を用い、
.htaccessでリクエストをindex.phpへリダイレクトさせています。

httpd.confの以下の記述のコメントアウトをはずすことで、mod_rewriteの機能を有効にしましょう。
LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so

また.htaccessが設定できるようにしておきましょう。

<Directory “~~~”> //←「~~~」はドキュメントルートです(yumでインストールした場合は/var/www/html)
Options FollowSymLinks
AllowOverride All //←デフォルトではNoneになっている。
</Directory>

1.Composerをインストール

ここまでできてしまえばあとは簡単です。

# curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
# mv composer.phar /usr/local/bin/composer
# composer self-update

※php-mbstringエラーになるとき
# yum –enablerepo=remi-php56 install php-mbstring
# composer update
※php-intlエラーになるとき
# yum –enablerepo=remi-php56 install php-intl
あわせて、php.iniの「timezone」を「Asia/Tokyo」にしておく。

2.CakePHPプロジェクトを作成

# cd /var/www/html
# mkdir cake3
# cd cake3
# composer create-project cakephp/app . --prefer-dist //←「.」はカレントディレクトリを指しています。
Set Folder Permissions ? (Default to Y) [Y,n]? //←デフォルトYESでOK

# composer install
Set Folder Permissions ? (Default to Y) [Y,n]? //←デフォルトYESでOK

3.確認

http://[DOMAIN]/[WHERE-INSTALL-DIRECTORY]/が表示されればOK

4.環境設定(DB)

config/app.phpを編集
Datasources欄のdefaultの方のユーザ名、パスワード、DB名を修正する(testは開発環境用)
再度手順3のページにアクセスして、Databaseの欄が✔になればOK

まとめ

いかがでしょうか?CakePHP3はバージョン2からさらに使いやすくなり、フレームワークとして大きく進化した印象を受けます。ほかのフレームワークと比べて、わかりやすい構成になっているという印象を受けますので、フレームワークを触ってみたいという人はぜひ試してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP