UnityでKii Cloudを使ってハイスコアランキングを作ろう!#1 SDK導入編


UnityでKii Cloudを使ってハイスコアランキングを作ろう!#1 SDK導入編


今回は、Unityでハイスコアランキングとか手軽に実装してみたい!
ということで、Kii Cloud というクラウドサービスを利用して、データの保存と検索の機能を実装してみました。
全4回くらい(予定)で、環境の準備からランキングデータの取得までを解説していきたいと思います。

※使用しているUnityのバージョンは5.3.4です。

Kii Cloud とは


Kii社が開発、展開しているMbssS(Mobile Backend as a Service)です。
効率的なアプリケーション開発のサポートを目的とした様々なバックエンドサービスを提供しています。
これらから、プレイヤー管理とクラウドストレージの機能を利用して、ハイスコアランキングを作成します。

Kii Cloud SDKの導入


1.アカウント作成

まず公式サイトでアカウントを作成しましょう。
ws000473

2.アプリケーションの登録

サインアップしたら↓の画面に移ります。Create App をクリックしてアプリケーションを登録しましょう。
ws000477-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

アプリ名、サーバーLocation、プラットフォームを選択して、Crete Your Appをクリック。
ws000479-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

3.Unity Cloud SDKのダウンロード

↓の画面に切り替わったら、UnityのCloud SDKをクリックしてダウンロードします。(最新版がダウンロードされます)
ダウンロードが開始されたらFinishをクリックしてOK。
ws000480-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

4.アプリケーションの選択

アプリ一覧を表示して、作成したアプリケーションを選択し、ダッシュボードに移動します。
ws000481-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

5.アクセスキーの確認

ダッシュボード右側の歯車マークから、鍵のマークをクリックして、Access Keysを表示します。
ws000483-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Kii Cloud と Unity を紐づけるために必要なので、画面を開いておくか、メモっておきましょう。
ws000484

6.Kii Cloud SDK のインポート

Kii Cloud を利用したいプロジェクトをUnityで立ち上げておき、先ほどダウンロードしたSDKインポート用のunitypackageを実行します。
ws000487

パッケージが表示されたら全て選択してインポートしましょう。
ws000482

7.Kii Cloud 接続用のゲームオブジェクトを作成

Kii Cloudに接続(初期化)を行うためのゲームオブジェクトを作成します。
空のゲームオブジェクトを作成し、名前をKiiInitialize(←何でもいい)としておきます。
ws000493-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

作成した空のゲームオブジェクトに、プロジェクトビューのKiiフォルダの中にある、KiiInitializeBehaviourをアタッチします。
アタッチしたら先ほど取得したアクセスキー2つを「App ID」と「App Key」に入力しましょう。Siteは日本ならJPです。
ws000492-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

#1 SDK導入編は以上です。
次回は #2 ユーザー作成編 です。

今月の新着記事

【合格体験記】Unity開発者認定試験に合格しました
【Unity認定試験対策】Unity 練習問題 10 – Rigidbody –
【Unityプログラミング力向上】C# 練習問題 7

記事一覧にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP