jQuery3登場!デザイナーもエンジニアも注目!一体何が変わったの?


jQuery3登場!デザイナーもエンジニアも注目!一体何が変わったの?

はじめに

jQuery3.0が6月にリリースされました。Webに携わる人々にとっては結構な大ニュースですね。
私はそれほどバリバリのjQueryユーザではないのですが使うこともあるので、気になった変更点をピックアップしてみました。

まずはjQuery公式サイトをチェック!

まずはjQueryの公式ブログをチェックしてみましょう。
jQuery 3.0 Final Released!
全体的にスリムになりバグをなくし、「breaking changes」=「大きな変更」もあると言っています。

アップグレードガイドとして、別でまとまっているので、詳細を知りたい方はこちら↓
jQuery Core 3.0 Upgrade Guide
英語です。

翻訳されたものがこちらの記事にまとまっていて、大変参考になります↓
jQuery3.0 アップグレードガイド

jQuery3.0の変更点で気を付けたいところをピックアップ

詳細は上記をみてもらえればいいと思いますが、
個人的に気をつけておきたいと思った点をまとめておきます。

・IE8以下をサポートしないよ!

・jQuery.parseJSONメソッドは×、JSON.parseメソッドを使いましょう。

・Ajaxで、success()、error()、complete()ではなく、done()、fail()、always()、then()、catch()を使いましょう。

・ajax()はURLのハッシュ以降もURLとして含むことになりました。

・(殆どの場合において).removeAttr(“checked”)ではなく.prop(“checked”, false)を使いましょう。

・.width()や.height()がnullではなく、undefinedを返すようになりました。

・複数選択のselectタグで何も選択していない時、val()メソッドは空の配列を返すことになりました。

まとめ

結構かわっていますね!新サイト構築時には是非導入したいものです。
しかし、既存サイトを3.0に変更するのは影響範囲が大きそうです。

簡単ですが、以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP