JavaScript 超入門(2) 変数


Javascriptを学んでみようという人をターゲットに、JavaScriptの基本を解説していきたいと思います。

他の言語は少しでもかじったことがあるけど、Javascriptはまだ・・・って人を想定しています。
まったくのプログラミング初心者にとってはとっつきづらいかもしれません。

変数

コンピュータができることはつまるところ記憶と演算(計算)です。
演算に必要な値を一時的に記憶しておくための入れ物、それが変数です。
少し堅く言いかえれば、値を格納するために確保されたメモリ上の領域です。

変数の宣言

値の入れ物に名前をつけて用意することを、「変数の宣言」といいます。(メモリ上に領域を確保する作業)
JavaScriptの場合、変数の宣言は以下のように文頭にvarというキーワードをつけて行います。

var hoge;

hogeが変数の名前です。
Javaのような静的型付けの言語を触ったことがある人は型の指定がないのがムズムズするかもしれないですね。

次のように宣言と同時に値を代入することも出来ます。(初期値の設定)

var hoge = 1;
var fuga = '変数名ですよ';

JavaScriptの変数名は一般的にローワーキャメルケースと呼ばれる記法に従います。
○: userName, lowerCamelCase
×: UserName, LowerCamelCase, username, lowercamelcase

また、名前を付ける際には以下の決まりがあるので気をつけましょう。

  • 使える文字は英字/数字/_(アンダースコア)/$(ドル記号)のみ
  • 名前の頭に数字を用いることは出来ない
  • 大文字と小文字は区別される
  • 予約語は使えない

予約語とはJavaScriptの構文上の意味をもつ単語です。
参考:MSDN:JavaScript の予約語

以下は変数を使ったごく簡単なサンプルです。

var name = "Tech Projin"

document.writeln(name);
<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <meta charset="utf-8">
        <title>Hello World</title>
    </head>
    <body>
        <pre>
            <script src="hello3.js"></script>
            <noscript>JavaScriptが利用できません</noscript>
        </pre>
    </body>
</html>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP