3分プログラミング~Android Studio編~ #X 番外編

この記事は2016年4月2日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


3分プログラミング~Android Studio編~ #X 番外編

番外編:動かないプログラム

動かないプログラム

「javaを活かして何かを作りたい」「ちょっと時間があるから何か技術を身に着けたい」「開発で一儲けして印税(?)生活を楽しみたい・・・w」etc…と考えているそこのあなた!

本日の献立は、Android Studioを利用したAndroidのプログラミング(Android Studio 番外編)です。Androidの調理(プログラミング)は難しそう、と思わずまずは挑戦してみましょう。

本日の材料は以下の通りです。

  1. Androidへの興味・・・お好み
  2. Androidへの愛・・・たっぷり
  3. PC※スペックについては#1を参照
  4. 気合と根性・・・お好みで

以上の材料で調理に取り掛かったところ、思わぬ落とし穴にはまったので忘備録代わりにメモ。

本日の内容は忘備録です。

忘備録

Android Studio1.3.2をで作業をしていたところ、なぜかプログラムが動かない。四苦八苦した結果、原因がわかったので忘備録代わりにメモ。

状況

・Android Studio1.3.2を使用

・NewProjectで作成したものをそのまま動かしているだけ

・なぜかsetContentViewの行でExceptionをはいている模様

 

以下を思いつくもののいずれも解決に至らず。

Rが赤文字でおかしい場合

ー>Manifestを疑う。しかし、今回はRは正常だった。

Manifestファイル内の記述がおかしい場合

ー>Manifestどころか、Activityもxmlも一切いじっていないのにおかしいはずがない。実際におかしくなかった。

ソースコード内のうつまつがい

ー>だから、Activityもxmlも一切(ry

解決策

結論から言えば、build.gradleがおかしかった。dependenciesの中のsupportライブラリ?のバージョンがv23.2.1からv24.0.0-alpha1に書き換わっていた。誰が勝手にアルファ版にしろって言ったんだyo☆

該当箇所を直した結果、無事に動いた。でめたしでめたし。

dependencies {
compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
compile 'com.android.support:appcompat-v7:24.0.0-alpha1'
}

dependencies {
compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
compile 'com.android.support:appcompat-v7:23.2.1'
}

※なお、新規にプロジェクトを作成すると再び24.0.0-alpha1になる模様。いちいちプロジェクトを作るたびに手打ちで直すのもめんどくさいので、AndroidStudio1.5.1に乗り換えました。

以下、以前書いた記事へのリンク

準備・導入編

#1 導入環境の確認

#2 インストール

#3 Android Studio起動

アプリ作成編

#4 HelloWorld!アプリの作成その1

#5 HelloWorld!アプリの作成その2

#6 HelloWorld!アプリの作成その3

おまけ編

#7 Android Studio 1.4

#8 Android Studio 2.0

これであなたも今日からAndroidの開発者の仲間入りですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP