【直前対策】CCNA合格を確実にする厳選問題集 その6

この記事は2016年3月30日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


CCNA合格を確実にする厳選問題集

CCNAの試験で出題されそうな問題を作成してみました。

CCNAに合格するために必要な知識を最終確認しましょう!

レッツスタート!!

CCNA試験対策 問題編

【問題1】
show frame-relay mapコマンドで表示される内容として適切なものを以下の中から2つ選択してください。
A) PVCのステータス
B) 受信したFECNの総数
C) 受信したBECNの総数
D) ローカルIPアドレス
E) ローカルDLCI番号とリモートIPアドレスの紐づけ

問題1の解答と解説

【問題2】
ポートファストの設定がされているインターフェイスでBPDUを受信した際に即座にエラーディセーブルにする機能は以下のうちどれでしょうか
A) ループガード
B) ルートガード
C) BPDUガード
D) BPDUフィルタ
E) バックボーンファスト
F) アップリンクファスト

問題2の解答と解説

【問題3】
PCとスイッチを接続したが、ポートのLEDが点灯せず通信もできません。この原因として考えられるものを以下の中から選択してください。
A) ポートがシャットダウンしている。
B) スイッチの電源が投入されていない。
C) ストレートケーブルで接続されている。
D) クロスケーブルで接続されている。
E) STPによってポートがブロッキングされている。
F) ポートがトランクポートに設定されている。

問題3の解答と解説

【問題4】
OSPFのルータIDの説明として適切なものを以下の中から2つ選択してください。
A) 全てのOSPFルータで同一にしなければネイバー関係を築くことができない。
B) 設定されている物理インターフェイスの中で最小のアドレスがルータIDとして使用される。
C) router-idコマンドを用いて設定した場合はその値が他よりも優先されてルータIDとなる。
D) 動作中のループバックインターフェイスの中で最小のアドレスがルータIDとして使用される。
E) ルータを識別する用途に使用されるので他のルータと同一の値になってはいけない。
F) IPv6のOSPFv3ではルータIDは128ビットの値が用いられる。

問題4の解答と解説

【問題5】
OSPFの設定で、1行のコマンドでルータ上のすべてのインターフェイスをエリア10に所属するようにするには以下のどのコマンドを使用すればよいでしょうか。適切なものを1つ選択してください。
A) (config-router)#network 0.0.0.0 0.0.0.0 area 10
B) (config-router)#network 255.255.255.255 0.0.0.0 area 10
C) (config-router)#network 0.0.0.0 255.255.255.255 area 10
D) (config-router)#network 255.255.255.255 area 10

問題5の解答と解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP