【直前対策】CCNA合格を確実にする厳選問題集 その5


CCNA合格を確実にする厳選問題集

CCNAの試験で出題されそうな問題を作成してみました。

CCNAに合格するために必要な知識を最終確認しましょう!

レッツスタート!!

CCNA試験対策 問題編

【問題1】
下記のように接続されているルータ間でOSPFの設定がされていますが、Router1とRouter2ではネイバー関係を築くことができていません。原因として考えられる最も適切なものを以下の中から選択してください。(図をクリックすると別タブで開きます。)
Q5-1
A) ハローインターバルの値が両ルータ間で異なっている。
B) ループバックインターフェイスのアドレスが両ルータで同一のものになっている。
C) プロセスIDの値が両ルータで同一のものになっている。
D) デッドインターバルの値が両ルータ間で異なっている。

問題1の解答と解説

【問題2】
PPPのサブプロトコルのうち、オプションとして認証機能を提供しているプロトコルを下記の中から選択してください。

A) NCP
B) LCP
C) IPCP
D) IPXCP
E) ATALKCP

問題2の解答と解説

【問題3】
標準ACLの表記方法として正しいものを以下の中から選択してください。

A) access-list 59 permit 192.168.1.0 0.0.0.255
B) access-list 1 permit ip host 192.168.1.1
C) access-list 101 permit ip any any
D) access-list 159 permit 192.168.1.1 0.0.0.0

問題3の解答と解説

【問題4】
下記のように構成されているネットワーク上で、PCからWEBサーバに対して通信を送信しました。RouterAとRouterBのFa1間を流れる通信のヘッダ情報として適切なものを1つ選択してください。(図をクリックすると別タブで開きます。)
Q5-4
A) 送信元MAC:1111.acfc.0002
宛先MAC:1111.52ed.0002
送信元IP:172.16.10.3
宛先IP:172.16.10.4
B) 送信元MAC:0000.3975.0102
宛先MAC:1234.5678.90ab
送信元IP:192.168.1.1
宛先IP:192.168.100.1
C) 送信元MAC:0000.3975.0102
宛先MAC:1234.5678.90ab
送信元IP:172.16.10.3
宛先IP:172.16.10.4
D) 送信元MAC:1111.acfc.0002
宛先MAC:1111.52ed.0002
送信元IP:192.168.1.1
宛先IP:192.168.100.1

問題4の解答と解説

【問題5】
IPv6の表記方法として適切なものを以下の中から選択してください。
A) 2001:1234:5678:0102:5fce:76ad:9879
B) fe80::111:22:3333
C) 2001:1234:5678:0000:0000:87gh:50cc:6597
D) fe80::111::22:3333

問題5の解答と解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP