PHP練習問題

PHP練習問題 問22


実行制御の問題を出していきます。
前回に続き、配列に条件式を入れてループするという雑な問題です。
今回は少し難易度が高いです。

PHPをWindowsで実行したいのであれば、XAMPP(ザンプ)をインストールすると、自分のPCでも簡単に動作させることが出来ます。

インストール方法は、以下のサイトから。

WINDOWS XAMPP にて LARAVEL をインストール (XAMPP V1.8.3インストール)


phpedu22.php

<?php
	$a = 10;
	$b = 2;
	$c = true;
	$d = '1';
	$ans = [
		++$a == 11, $a++ == 12, $a - $b == 2, $c = false, $c == false, $d === 1
	];

?>
<!DOCTYPE html>
<html>
	<head>
		<meta charset="utf-8">
		<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
		<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">

		<title>tech.pjin.jp HTML5 Template</title>

		<link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.5/css/bootstrap.min.css">
		<link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.4.0/css/font-awesome.min.css">

		<!--[if lt IE 9]>
			<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/html5shiv/3.7.3/html5shiv.min.js"></script>
			<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/respond.js/1.4.2/respond.min.js"></script>
		<![endif]-->
	</head>
	<body>
		<div class="container">
			<div class="page-header">
				<h1><i class="fa fa-check-square"></i> PHP問題22</h1>
			</div>
			<div class="jumbotron">
			<h3>
			<?php
				foreach($ans as $k => $a){
					if($a){
						echo $k;
					}
				}
				print_r($ans);
			?>
			</h3>
			</div>
		</div>
		<script src="https://code.jquery.com/jquery-1.11.3.min.js"></script>
		<script src="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.5/js/bootstrap.min.js"></script>
	</body>
</html>


※CSSには、Bootstrap、Font-Awesomeを利用しています。
※Javascriptには、jQuery1.11.3を利用しています。

問題:このPHPをブラウザで見た結果(実行結果)を答えなさい(複数選択可)

  1. 「012345」と表示される。
  2. 「0124」と表示される。
  3. 「015」と表示される。
  4. 「04」と表示される。
  5. 「035」と表示される。
  6. 特に何も出力されない。
  7. エラーが出力される。

正解:4.「04」と表示される。

条件式は全部で6個あります。

  1. ++$a == 11
  2. $a++ == 12
  3. $a – $b == 2
  4. $c = false
  5. $c == false
  6. $d === 1

前回と違い、今回は条件式になっています。
色々な表現が出てきています。
ここで、データ型のおさらいです。各変数の値のデータ型がなんなのか見ていきます。
$a = 10;の10は、数字です。
$b = 2;の2は、数字です。
$c = true;のtrueは、真偽値です。
$d = '1';の’1’は、文字です。

$dの部分がポイントです。真偽値ではなく文字です。

ここで、条件式を見ていきましょう。

++$a == 11++はインクリメントといい、$aに1を足して$aに代入します。
ポイントは変数の前にあるか、後ろにあるかです。前にある場合は、式を評価する前に1を足します。
後ろにある場合は、式を評価した後に1を足します。
先に足すので、$aは11になり、結果がtrueになります。

$a++ == 12は、後置(++が後にある)の為、$aの中身は11です。条件式の結果はfalseになり、その後$aは12になります。

$a - $b == 2は、括弧がないのですが、先に引き算を行います。その後式を評価します。$aは12なので、10==2という式を評価します。
演算子には評価順がありますので、その評価する順番に評価されます。==より算術演算子(+, -, *, /, %)の方が先に評価されます。

$c = falseは、$cにfalseを代入するので、結果falseとなります。

$c == falseは、$cの内容は上の式でfalseを代入したため、この条件式はtrueとなります。

$d === 1は、$dは文字列の為、falseになります。===は、データ型と値を比較します。
もし==の場合は、中身が1なのでtrueになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP