【直前対策】CCNA合格を確実にする厳選問題集 その2


CCNA合格を確実にする厳選問題集

CCNAの試験で出題されそうな問題を作成してみました。

CCNAに合格するために必要な知識を最終確認しましょう!

レッツスタート!!

CCNA試験対策 問題編

【問題1】
RSTPの特徴として正しいものを以下の中から1つ選択してください。

A) RSTPはCSTにのみ対応していてPVST+には対応していない。
B) IEEE802.1Dで定義されている。
C) 新しく定義されたポートの役割は存在しない。
D) STPとの互換性がある。
E) PCなどと接続しているポートで高速にコンバージェンスさせることができない。

問題1の解答と解説

【問題2】
PPPの認証の設定で暗号化による認証を最初に行い、失敗した場合にはクリアテキスト方式で認証を行うようにする設定は以下のうちどれでしょうか。

A) Router(config-if)#ppp authentication chap pap
B) Router(config-if)#ppp authentication pap chap
C) Router(config-if)#ip authentication ppp chap pap
D) Router(config-if)#ip authentication ppp pap chap

問題2の解答と解説

【問題3】
RSTPで新たに導入されたポートの状態は以下のうちどれでしょうか。

A) ディセーブル
B) ディスカーディング
C) ラーニング
D) リスニング
E) フォワーディング
F) ブロッキング

問題3の解答と解説

【問題4】
DHCPの動作として適切なものを以下の中から1つ選択してください。

A) DHCPクライアントはリース期間を延長することによってできるだけ長く同じIPアドレスを使用することができる。
B) DHCPサーバはDHCPクライアントであるホストに対して常に同じIPアドレスを割り当てる。
C) DHCPサーバは1度クライアントにIPアドレスを割り当てるとそのIPアドレスは他のDHCPクライアントに永遠に割り当てられることはない。
D) リース期間が経過し返却されたIPアドレスは競合したアドレスとして一定期間割り当てが行われなくなる。

問題4の解答と解説

【問題5】
VRRPのオブジェクトトラッキングについて正しく述べられたものを以下の中から1つ選択してください。

A) VRRPプライオリティ値が最も高いルータを常にマスタールータにすることができる。
B) プリエンプトの設定と併用することはできない。
C) 経路の変化やインターフェイスの状態によってプライオリティ値を増減させ、最適なルータをマスタールータとすることができる。
D) オブジェクトトラッキングの設定をすることで特定のルータを常にマスタールータとして動作させることができる。

問題5の解答と解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP