Java Gold SE7対策問題 – 問5

この記事は2015年10月31日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


Javaの認定資格「Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7」。通称JavaGoldのオリジナル問題を紹介していきたいと思います。

前回の解答

まずは、前回の解答から。

正解は「(2)、(3)、(5)、(7)、(9)」となります。

それぞれ確認していきましょう。
(1) 標準的な使い方です。
(2) アンダースコアは先頭で使用することができません。→コンパイルエラーとなります。
(3) 末尾でも使用することができません。→コンパイルエラーとなります。
(4) 浮動小数であっても使用することが可能です。
(5) ただし、小数点記号「.」の前後では使用することができません。→コンパイルエラーとなります。
(6) floatのリテラルを表す「f」や「F」と同時に使用することは可能です。また、longのリテラルを表す「l」や「L」も同様に併用可能です。
(7) ただし、Fなどの記号の前で使用することはできません。→コンパイルエラーとなります。
(8) 16進数を表すリテラルであっても併用することが可能です。また、いくつ使用しても問題ありません。
(9) ただし、16進数の「0x」や2進数の「0b」の途中や前後では使用する
ことができません。→コンパイルエラーとなります。
(10) 8進数の「0」は記号ではないので、直後に使用することが可能です。(もちろん直前の場合はNGです。)
(11) 連続して使用しても問題ありません。


問5

以下のアクセス修飾子の説明の中で、間違っているものを選んでください。
  1. publicはどのクラスからでも利用可能なクラスやメンバ変数につける
  2. デフォルト(指定なし)は同一パッケージ内のクラスから利用可能なクラスやメンバ変数につける
  3. protectedは同一パッケージ内のクラスから利用可能なクラスやメンバ変数につける
  4. privateは同一クラス内からのみ利用可能なクラスやメンバ変数につける
  5. protectedとprivateはクラス宣言時には使用することができない

解答・解説・問6はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP