【新機種】docomo 2015-2016冬春モデル【紹介】その1

この記事は2015年10月1日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


【新機種】docomo 2015-2016冬春モデル【紹介】その1

昨日、NTT docomoが2015-2016冬春モデルの新機種発表会を開催しました。今日は発表されたばかりの新機種の特徴を紹介します。

2015-2016冬春モデル全体

2015-2016冬春モデルとしてスマートフォンやタブレットなど全13機種34色が発表されました。ハイスペックモデルには生体認証機能を持つものも多くあります。また、それぞれのメーカーごとに特徴付けがされています。今回はXPERIA、AQUOS、arrowsの3シリーズの特徴を簡単にまとめたいと思います。

XPERIA

XPERIAシリーズとして、XPERIA Z5の3機種が発表されました。国内のキャリアで3機種すべてを扱うのはdocomoだけという情報もだけとのことです。共通の特徴としては全機種(2.0+1.5)GHzのオクタコアのCPUを搭載し、3機種ともに指紋認証に対応しています。また、3機種ともにメインに2300万画素、サブに510万画素のカメラを搭載しています。0.03秒でオートフォーカス可能、トリミナルディスプレイ搭載と、早いと綺麗を両立した機種です。

ハイスタンダードなZ5、取り回しのしやすいZ5 Compact、最上級のZ5 Premiumと特徴が分かれているので、さまざまなニーズに対応できると思われます。すでに家電量販店ではXPERIA Z5(SO-01H)の実機を置いてある店舗もあります。(早速昨日、秋葉原のヨドバシカメラに実機があるのを確認しました。)ぜひ手にとっていち早くその性能を確かめてみてはいかがでしょうか。

AQUOS

AQUOSシリーズはZETAとCompactの2種類が発表されました。当初はZETAのみでは、との意見もありましたが、今回もCompactモデルが発表されました。小型のスマホが好きな自分のような人にとってはXPERIA CompactやAQUOS Compact、Galaxy Active neoといった選択肢があるのはとてもうれしいことです。

AQUOSシリーズの特徴はなんといってもIGZOです。今回は2機種とも「ハイスピードIGZO」を搭載しています。画面の描画を従来の60コマ/秒から2倍の120コマ/秒にしたことで非常に滑らかな画面になっています。またハイスペックモデルである「AQUOS ZETA」は指紋認証に対応しており、2015-2016冬春モデルで唯一、受信300Mbpsという高速通信に対応しているスマホです。この通信速度はほかの機種にはない特徴です。液晶のAQUOSに高速通信が加わったAQUOS ZETA、小型で取り回しの良いAQUOS Compact、ぜひお手にとってみてはいかがでしょうか。

arrows

arrowsシリーズからはNXとFitの2種類が発表されました。こちらも当初はNXのみでは、との意見もありましたが、Fitも発表されました。

arrowsシリーズの特徴はその丈夫さです。本体はもちろん、画面も落下などの衝撃によって割れにくいようになっています。またハイスペックモデルである「arrows NX」は今回発表された機種で唯一虹彩認証に対応しています。虹彩認証を利用することで、画面を見るだけでロックを解除したり、Webへのログインを可能にしたりしています。また「arrows Fit」も指紋認証に対応しています。

丈夫さと生体認証が両立されたarrows、ぜひお手にとってみてはいかがでしょうか。
各機種ごとにそれぞれの特徴があり、今から発売が楽しみです。

残りの機種も順次紹介していきます。お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP