bootstrap

Twitter Bootstrap 3 の基本 フォームのサンプル2


Twitter Bootstrap 3 の基本 フォームのサンプル2

前回作成したフォームタグを、今回はカスタマイズしていきます。

今回のサンプル

今回作成するサンプルは以下の通り。

  1. フォームのレイアウトを変更する方法
  2. フォームのステータスに応じた表示にする方法
  3. 固定値を表示する方法

それでは早速みていきましょう。

サンプル1:フォームのレイアウトを変更する方法

1-1.インラインでまとめて表示する方法

<div class="container-fluid">
	<h1>formをインラインにまとめてみた。</h1>
<form class="form-inline">
	名前:
	<input type="text" class="form-control" placeholder="名前を入力してください">
	趣味:
	<textarea class="form-control" rows="3">趣味を入力してください</textarea>
</form>
</div><!-- /container -->

index_7-3.html

formタグにクラス「form-inline」を付ければ、複数のフォームがインラインで(1行で)並びます。
行幅一杯になると折り返す形になります。ヘッダー部に複数のフォームを設けたいようなときに有効です。

1-2.見出し、入力エリアを1行毎に整頓して表示する方法

<div class="container-fluid">
	<h1>form-horizontalクラスをつけてみた。</h1>
<form class="form-horizontal">
	<div class="form-group">
		<label for="inputName" class="col-sm-2 control-label">名前</label>
		<div class="col-sm-10">
			<input type="text" class="form-control" id="inputName" placeholder="名前を入力してください">
		</div>
	</div>
	<div class="form-group">
		<label for="inputHobby" class="col-sm-2 control-label">趣味</label>
		<div class="col-sm-10">
			<textarea class="form-control" id="inputHobby" rows="3">趣味を入力してください</textarea>
		</div>
	</div>
</form>
</div><!-- /container -->

index_7-2.html

フォームと見出し(ラベル)をきれいなレイアウトで表示する際に利用できます。
ポイントは、
formタグに「form-horizontal」クラスを付与すること、
ラベルにどのフォーム要素のラベルかを指定する「for=”inputName”」属性を付与すること、
ラベルとフォーム要素の入ったDIVタグにクラス指定で横幅を指定すること(これはグリッドシステムと同じ考え方です。)
です。
さらに「form-group」クラス付きdivタグでラベルとフォームをくくってあげると、グループ同士の間にマージンができ、
よりレイアウトが整います。

フォームのステータスに応じた表示にする方法

<div class="container-fluid">
<h1>フォームのステータスを変えてみた。</h1>
<form class="form-horizontal">
	<div class="form-group has-success">
		<label for="inputName" class="col-sm-2 control-label">名前</label>
		<div class="col-sm-10">
			<input type="text" class="form-control" id="inputName" placeholder="名前を入力してください">
		</div>
	</div>
	<div class="form-group has-error">
		<label for="inputName" class="col-sm-2 control-label">名前</label>
		<div class="col-sm-10">
			<input type="text" class="form-control" id="inputName" placeholder="名前を入力してください">
		</div>
	</div>
	<div class="form-group has-warning">
		<label for="inputName" class="col-sm-2 control-label">名前</label>
		<div class="col-sm-10">
			<input type="text" class="form-control" id="inputName" placeholder="名前を入力してください">
		</div>
	</div>
</form>
</div><!-- /container -->

index_7-4.html

ラベルとフォームを括っているdivのクラスに「has-success」「has-error」「has-warning」を付与してあげると、
フォームの色が変わり、エラーや警告が起きていることをユーザに認知させやすくしてくれます。
jQueryなどを使って、クラスの指定だけ切り替えてあげれば、このようなフォームのUIを簡単に変更できますね。

固定値を表示する方法

確認画面などで、フォームの入力情報を表示させているけれど変更はさせたくない、というような場合に使えるこの方法。
幾つかサンプルを見てみましょう。

<div class="container-fluid">
<h1>フォーム値を変更不可にしてみた</h1>
<form class="form-horizontal">
	<div class="form-group">
		<label for="inputName3" class="col-sm-2 control-label">名前</label>
		<div class="col-sm-10 form-control-static">
			名前を入力してください
		</div>
	</div>
	<div class="form-group">
		<label for="inputName" class="col-sm-2 control-label">名前</label>
		<div class="col-sm-10">
			<input type="text" class="form-control" id="inputName" placeholder="名前を入力してください" readonly>
		</div>
	</div>
	<fieldset disabled>
	<div class="form-group">
		<label for="inputName2" class="col-sm-2 control-label">名前</label>
		<div class="col-sm-10">
			<input type="text" class="form-control" id="inputName" placeholder="名前を入力してください" readonly>
		</div>
	</div>
	</fieldset>
</form>
</div><!-- /container -->

index_8.html

3つのパターンを作成してみました。
1つ目はそもそもinputタグを使わず、文字列だけ表示しているパターン。文字列をくくるブロック要素に「form-control-static」を付与してあげることでレイアウト崩れがおきません。
2つ目はinputタグに「readonly」属性を付与してあげるだけの簡単な方法。これでクリックするとフォーカスはされますが、変更はできません。
3つ目は変更不可にしたい要素を「disabled」属性を付与したfieldsetタグで括る方法です。これにより、このタグで括られている項目は全て変更不可になります。フォームにマウスオーバーすると、カーソルアイコンが変更禁止のものに変わるので、変更できないことがよくわかります。

まとめ

Bootstrap専用クラスを駆使することで、様々なタイプのフォームページを作れるということが分かっていただけたでしょうか。
次回はフォームの最終回、フォームのサイズ変更について見ていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP