SNMPについて

IPv6ネットワークについて 第3回

この記事は2015年3月31日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


IPv6について

今回も引き続きIPv6について記載していきたいと思います。

ipv6アドレスの設定について

今回はWindows端末にRAを使用して自動的にIPv6アドレスを設定してみます。

Windows端末ではRAを使用して、プレフィックス部分をルータから取得してIPv6アドレスを割り当てることができます。
この機能はステートレス自動設定とも呼ばれています。

またステートレス自動設定ではv6アドレスを割り当てられた端末は
マルチキャストパケットを送信して、自身と同じv6アドレスを使用している機器がいないかどうかを確認しています。
この機能はDADと呼ばれています。

設定例

ルータとPCの接続図

始めの状態では以下のように WindowsPCにはIPv6アドレスは割り当てられていない状態です。

C:Usersuser>ipconfig /all

Windows IP 構成

   ホスト名. . . . . . . . . . . . . . .: sak
   プライマリ DNS サフィックス . . . . .:
   ノード タイプ . . . . . . . . . . . .: ハイブリッド
   IP ルーティング有効 . . . . . . . . .: いいえ
   WINS プロキシ有効 . . . . . . . . . .: いいえ

イーサネット アダプター イーサネット:

   メディアの状態. . . . . . . . . . . .: メディアは接続されていません
   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Broadcom NetXtreme Gigabit Ethernet
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 34-07-54-3B-18-5A
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: はい
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい

Ciscoルータ上で以下のようにするとRAを送信できるようになります。

R1(config)#ipv6 unicast-routing
R1(config)#int f0
R1(config-if)#ipv6 address 2001:1::/64 eui-64
R1(config-if)#no shut

ルータの f0のインターフェースにグローバルユニキャストアドレスと
リンクローカルユニキャストアドレスが設定されているのが確認できます。

R1#show ipv6 int brief
BRI0                       [administratively down/down]
    unassigned
BRI0:1                     [administratively down/down]
    unassigned
BRI0:2                     [administratively down/down]
    unassigned
FastEthernet0              [administratively down/down]
    FE80::217:95FF:FE9E:F9B4
    2001:1::1
FastEthernet1              [up/up]
    unassigned
FastEthernet2              [up/down]
    unassigned
FastEthernet3              [up/down]
    unassigned
FastEthernet4              [up/down]
    unassigned
FastEthernet5              [up/down]
    unassigned
FastEthernet6              [up/down]
    unassigned
FastEthernet7              [up/down]
    unassigned
FastEthernet8              [up/down]
    unassigned
FastEthernet9              [up/down]
    unassigned
Vlan1                      [up/down]
    unassigned

Windows側で確認してみます。

C:Usersuser>ipconfig /all

Windows IP 構成

   ホスト名. . . . . . . . . . . . . . .: sak
   プライマリ DNS サフィックス . . . . .:
   ノード タイプ . . . . . . . . . . . .: ハイブリッド
   IP ルーティング有効 . . . . . . . . .: いいえ
   WINS プロキシ有効 . . . . . . . . . .: いいえ

イーサネット アダプター イーサネット:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Broadcom NetXtreme Gigabit Ethernet
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 34-07-54-3B-18-5A
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: はい
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
   IPv6 アドレス . . . . . . . . . . . .: 2001:1::4c97:3455:d036:b842(優先)
   一時 IPv6 アドレス. . . . . . . . . .: 2001:1::443a:83c9:eab1:385e(優先)
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::4c97:3d55:d036:b842%3(優先)
   自動構成 IPv4 アドレス. . . . . . . .: 169.254.184.66(優先)
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.0.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: fe80::217:95ff:fe9e:f9b4%3
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . . .: 54265684
   DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . .: 00-01-00-01-1A-D4-E4-FD-3C-07-54-3B-56-4A
   DNS サーバー. . . . . . . . . . . . .: fec0:0:0:ffff::1%1
                                          fec0:0:0:ffff::2%1
                                          fec0:0:0:ffff::3%1
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効

IPv6アドレス部分をみるとプレフィックスの部分に
ルータのインターフェースに設定したものと同じものが割り当てられていることが確認できます。

またデフォルトゲートウェイの情報が
ルータの f0 のリンクローカルユニキャストアドレスになっていることが確認できます。
%3 というのはWindows上で複数のインターフェースがあった場合に
どのインターフェースを使用するかという識別子のようなものです。

ただしインターフェースIDの部分がEUI-64フォーマットを使用して生成されていません。
EUI-64フォーマットを使用するとIPv6アドレスからその機器のMACアドレスが他の機器にばれてしまうため、
Windowsのデフォルトの設定ではEUI-64フォーマットを使用せずに
インターフェースID部分は、ランダムに文字を生成して割り当てるようになっています。

Windows上で以下のコマンドを実行するとインターフェースID部分をEUI-64フォーマットを使用して割り当てることができます。

C:Usersuser> netsh interface ipv6 set global randomizeidentifiers=disabled
C:Usersuser>ipconfig /all

Windows IP 構成

   ホスト名. . . . . . . . . . . . . . .: sak
   プライマリ DNS サフィックス . . . . .:
   ノード タイプ . . . . . . . . . . . .: ハイブリッド
   IP ルーティング有効 . . . . . . . . .: いいえ
   WINS プロキシ有効 . . . . . . . . . .: いいえ


イーサネット アダプター イーサネット:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Broadcom NetXtreme Gigabit Ethernet
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 34-07-54-3B-18-5A
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: はい
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
   IPv6 アドレス . . . . . . . . . . . .: 2001:1::3407:54ff:fe3b:185a(優先)
   一時 IPv6 アドレス. . . . . . . . . .: 2001:1::443a:83c9:eab1:385e(優先)
   一時 IPv6 アドレス. . . . . . . . . .: 2001:1::d92e:89e6:d423:5a62(優先)
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::3e07:54ff:fe3b:565a%3(優先)
   自動構成 IPv4 アドレス. . . . . . . .: 169.254.184.66(優先)
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.0.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: fe80::217:95ff:fe9e:f9b4%3
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . . .: 54265684
   DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . .: 00-01-00-01-1A-D4-E4-FD-3C-07-54-3B-56-4A
   DNS サーバー. . . . . . . . . . . . .: fec0:0:0:ffff::1%1
                                          fec0:0:0:ffff::2%1
                                          fec0:0:0:ffff::3%1
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効

すると上記のようにEUI-64フォーマットになっていることが確認できます。

ちなみにインターフェースID部分をランダムな文字列を使用するように戻す場合は
以下のコマンドをWindows上で実行します。

C:Usersuser> netsh interface ipv6 set global randomizeidentifiers=enabled
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP