SNMPについて

IPv6ネットワークについて 第1回

この記事は2015年3月31日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


IPv6について

今回はIPv6アドレスとCiscoルータ等の設定について記載していきます。

ipv6アドレスの設定の仕方について

ipv6アドレスの種類

ipv6アドレスの種類には以下のようなものが存在します。
・グローバルユニキャストアドレス
・リンクローカルユニキャストアドレス

グローバルユニキャストアドレスの割り当てについて

CiscoルータでグローバルユニキャストのIPv6アドレスを設定する場合は以下のような設定方法があります。
・手動でインターフェースIDまですべて指定して設定する
・プレフィックスは手動で指定するが、インターフェースID部分はEUI-64フォーマットを使用する
・RAを使用して自動で設定する
・DHCPを使用して自動で設定する

手動でインターフェースIDまですべて指定して設定する場合

手動でインターフェースIDまですべて指定してアドレスを設定したい場合は
インターフェースに移動して以下のように実行します。
(config-if)# ipv6 address 2001:1::1/64

EUI-64フォーマットを使用して手動でアドレスを設定する場合

プレフィックス部分は手動で設定をして、インターフェースID部分をEUI-64フォーマットを使用して設定することができます。
EUI-64フォーマットを使用する場合は以下のように実行します。
(config-if)# ipv6 address 2001:1::/64 eui-64

この場合はプレフィックス部分が 2001:0001:0000:0000 になり、
インターフェースID部分は例えばインターフェースのMACアドレスが 1234.5678.9abc なら FFFE が挿入され
1234:56ff:fe78:9abc になるため、最終的に以下のようなアドレスがつけられます。
2001:0001:0000:0000:1234:56ff:fe78:9abc /64

設定したアドレスの確認

設定したIPv6アドレスの情報を確認したい場合は以下のコマンドを実行します。

# show ipv6 int <インターフェース名>

またインターフェースのアドレスを一覧で確認したい場合は以下のように実行します。

Router#show ipv6 int brief
BRI0                       [administratively down/down]
    unassigned
BRI0:1                     [administratively down/down]
    unassigned
BRI0:2                     [administratively down/down]
    unassigned
FastEthernet0              [administratively down/down]
    FE80::217:95FF:FE9E:F9B4
    2001:1::1
FastEthernet1              [down/down]
    FE80::217:95FF:FE9E:F9B5
    2001:2::1
FastEthernet2              [up/down]
    unassigned
FastEthernet3              [up/down]
    unassigned
FastEthernet4              [up/down]
    unassigned
FastEthernet5              [up/down]
    unassigned
FastEthernet6              [up/down]
    unassigned
FastEthernet7              [up/down]
    unassigned
FastEthernet8              [up/down]
    unassigned
FastEthernet9              [up/down]
    unassigned
Vlan1                      [up/down]
    unassigned

この場合インターフェースがアップしているか、ダウンしているかも一覧で確認ができます。

またグローバルユニキャストアドレスは以下のように1つのインターフェースに複数設定することができます。

(config-if)# ipv6 address 2001:1::1/64
(config-if)# ipv6 address 2001:1::2/64
(config-if)# ipv6 address 2001:2::1/64

以下のように複数設定されていることが確認できます。

Router#show ipv6 int brief
BRI0                       [administratively down/down]
    unassigned
BRI0:1                     [administratively down/down]
    unassigned
BRI0:2                     [administratively down/down]
    unassigned
FastEthernet0              [administratively down/down]
    FE80::217:95FF:FE9E:F9B4
    2001:1::1
    2001:1::2
    2001:2::1

アドレスの削除をしたい場合

手動で設定したIPv6アドレスを削除する場合は以下のようにすれば削除できます。
(config-if)# no ipv6 address

リンクローカルアドレスの割り当てについて

Ciscoルータでリンクローカルユニキャストアドレスは、グローバルユニキャストアドレスを設定すると
EUI-64フォーマットを使用して、自動的に設定されるようになっています。

もしもグローバルユニキャストアドレスは設定せずに、リンクローカルユニキャストアドレスだけを設定したい場合は
以下のようにします。

(config-if)# ipv6 enable

確認するとリンクローカルユニキャストアドレスだけが設定されています。

Router#sh ipv6 interface f0
FastEthernet0 is administratively down, line protocol is down
  IPv6 is tentative, link-local address is FE80::217:95FF:FE9E:F9B4 [TEN]
  No Virtual link-local address(es):
  No global unicast address is configured
  Joined group address(es):
    FF02::1
  MTU is 1500 bytes
  ICMP error messages limited to one every 100 milliseconds
  ICMP redirects are enabled
  ICMP unreachables are sent
  ND DAD is enabled, number of DAD attempts: 1
  ND reachable time is 30000 milliseconds (using 30000)

※グローバルユニキャストアドレスを設定した場合は、自動的に ipv6 enable は設定されます。

また明示的に設定する場合は以下のようにして設定することができます。
(/64のようにプレフィックスは必要ないので注意して下さい)

(config-if)# ipv6 address FE80::1:2:3:4 link-local
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP