SNMPについて

IPv6ネットワークについて 第2回


    IPv6について

    今回も前回に引き続きIPv6について記載していきたいと思います。

    ipv6アドレスの設定の仕方について

    RAを使用してアドレスを設定

    今回はRAを使用して自動でルータにアドレスを設定する方法について記載します。

    IPv6にはIPv4でいうARPの代わりにNeighbor Discoveryというプロトコルを使用しています。
    (IPv6ではARPは使われていません)

    Neighbor DiscoveryはIPv6 ICMPの一種なのですが、以下の用途で使用されています。
    ・IPv6アドレスからMACアドレスを解決する
    (ICMP Type135 ネイバーソリシテーション、 ICMP Type136 ネイバーアドバタイズメントを使用します)
    ・IPv6アドレスを自動設定する(ステートレス自動設定と呼ばれている)
    (ICMP Type133 ルータソリシテーション、 ICMP Type134 ルータアドバタイズメントを使用します)
    ・重複したIPv6アドレスを持つ機器がいないかを調べる(DADと呼ばれている)

    IPv6アドレスからMACアドレスを解決する場合は、
    NS(ネイバーソリシテーション)という要求と、NA(ネイバーアドバタイズメント)という要請を返すことによって
    リンクローカルアドレスを元に、MACアドレスを解決しています。

    RAはRouter Advertisementと呼ばれておりNeighbor Discoveryプロトコルの一種で、
    端末がIPv6アドレスを自動設定する際に使用されています。

    RAを使用したIPv6アドレスの自動設定はステートレス自動設定とも呼ばれています。

    この方法では RSというメッセージとRAというメッセージをやり取りすることによって
    自動でIPv6アドレスを設定しています。

    RSメッセージはルータ要請ともよばれ、アドレスを割り当ててもらいたい側が、ルータなどに送るメッセージです。
    RAはルータアドバタイズメントとよばれ、ルータなどがアドレスを割り当てるために、プレフィックスやデフォルトゲートウェイなどの情報を
    RSを送ってきた機器に渡すためのメッセージです。

    RSやRAメッセージは実際にはICMPv6を使用しています。

    RSとRAのメッセージをやりとりするためにはリンクローカルユニキャストアドレスが
    双方の機器に設定されている必要があります。

    Ciscoルータではデフォルトで200秒おきにルータはRAを送信しています。

    RAを有効にするには以下のコマンドをまず実行する必要があります。

    (config)# ipv6 unicast-routing
    

    このコマンドを実行しないとRAがルータから送信されません。

    またルータがRAを受信してインターフェースに自動でIPv6アドレスを設定したい場合は以下のコマンドを実行します。

    (config-if)# ipv6 address autoconfig
    

    実際の設定例

    [styled_images width=”498px” height=”268px”] [image title=”1″]https://www.sakc.jp/blog/wp-content/uploads/2015/03/ipv6-1.png[/image] [/styled_images] [clearboth]

    以下の例では R1 と R2 を使用して R2側で RA を受信して、プレフィックス部分を取得して、アドレスを設定しています。

    まず先に R2 側で以下のコマンドを実行してみます。

    R2(config)# int f0/0
    R2(config-if)# ipv6 address autoconfig
    
    すると、リンクローカルユニキャストアドレスのみが設定されました。
    R2#show ipv6 interface f0/0
    FastEthernet0/0 is up, line protocol is up
      IPv6 is enabled, link-local address is FE80::C001:17FF:FE90:0 [TEN]
      No global unicast address is configured
      Joined group address(es):
        FF02::1
        FF02::1:FF90:0
      MTU is 1500 bytes
      ICMP error messages limited to one every 100 milliseconds
      ICMP redirects are enabled
      ND DAD is enabled, number of DAD attempts: 1
      ND reachable time is 30000 milliseconds
    

    次にR1側で以下のコマンドを実行してRAの情報を送信できるようにしてみます。

    R1(config)#ipv6 unicast-routing
    R1(config)#int f0
    R1(config-if)#ipv6 address 2001:1::/64 eui-64
    

    R1の f0 のインターフェースの状態を確認してみると RA が有効化されているのが確認できます。

    R1#sh ipv6 interface f0
    FastEthernet0 is up, line protocol is up
      IPv6 is enabled, link-local address is FE80::217:95FF:FE9E:F9B4
      No Virtual link-local address(es):
      Global unicast address(es):
        2001:1::217:95FF:FE9E:F9B4, subnet is 2001:1::/64 [EUI]
      Joined group address(es):
        FF02::1
        FF02::2
        FF02::1:FF9E:F9B4
      MTU is 1500 bytes
      ICMP error messages limited to one every 100 milliseconds
      ICMP redirects are enabled
      ICMP unreachables are sent
      ND DAD is enabled, number of DAD attempts: 1
      ND reachable time is 30000 milliseconds (using 30000)
      ND advertised reachable time is 0 (unspecified)
      ND advertised retransmit interval is 0 (unspecified)
      ND router advertisements are sent every 200 seconds
      ND router advertisements live for 1800 seconds
      ND advertised default router preference is Medium
      Hosts use stateless autoconfig for addresses.
    

    続いてR2のほうを確認してみます。
    するとR1と同じプレフィックスがR2に割り当てられて、自動でグローバルユニキャストアドレスが設定されました。
    インターフェースID部分はEUI-64フォーマットを使用して生成されています。

    R2#sh ipv6 int f0
    FastEthernet0 is up, line protocol is up
      IPv6 is enabled, link-local address is FE80::21B:54FF:FE92:D142
      No Virtual link-local address(es):
      Stateless address autoconfig enabled
      Global unicast address(es):
        2001:1::21B:54FF:FE92:D142, subnet is 2001:1::/64 [EUI/CAL/PRE]
          valid lifetime 2591901 preferred lifetime 604701
      Joined group address(es):
        FF02::1
        FF02::1:FF92:D142
      MTU is 1500 bytes
      ICMP error messages limited to one every 100 milliseconds
      ICMP redirects are enabled
      ICMP unreachables are sent
      ND DAD is enabled, number of DAD attempts: 1
      ND reachable time is 30000 milliseconds (using 30000)
      Default router is FE80::217:95FF:FE9E:F9B4 on FastEthernet0
    

    またR2のルーティングテーブルを確認すると以下のようにRAを受信した際に、
    そのRAを送ってきたルータをデフォルトが設定されています。

    R2#sh ipv6 route
    IPv6 Routing Table - default - 4 entries
    Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, U - Per-user Static route
           B - BGP, HA - Home Agent, MR - Mobile Router, R - RIP
           D - EIGRP, EX - EIGRP external, NM - NEMO, ND - Neighbor Discovery
           l - LISP
           O - OSPF Intra, OI - OSPF Inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2
           ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2
    S   ::/0 [2/0]
         via FE80::217:95FF:FE9E:F9B4, FastEthernet0
    C   2001:1::/64 [0/0]
         via FastEthernet0, directly connected
    L   2001:1::21B:54FF:FE92:D142/128 [0/0]
         via FastEthernet0, receive
    L   FF00::/8 [0/0]
         via Null0, receive
    

    ちなみに下記のコマンドを実行するとルータは自動的にインターフェースからRAを
    200秒おきに送信するようになりますが、

    (config)# ipv6 unicast-routing
    

    もしもR1のf0のインターフェースでRAを定期的に送信するのを
    無効化したい場合は以下のようにします。

    (config-if)# ipv6 nd ra suppress
    

    また上記のコマンドを実行してもRSが送信されてきた場合には応答を返すので、
    もしこれも無効化したいなら以下のコマンドを実行します。

    (config-if)# ipv6 nd ra suppress all
    
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP