Apache設定編① Basic認証の設定 Linuxサーバ構築手順まとめ


Apache設定編① Basic認証の設定 Linuxサーバ構築手順まとめ

前回までのNginxに引き続き「Webサーバ」をいじっていきましょう。
今回からは「Apache」を取り挙げていきます。

前回までは気鋭のWebサーバ「Nginx」を取り挙げていましたが、
Webサーバと言えばやっぱりまだまだ「Apache」が最強です。
Nginxの盛り上がりも意外とそれほどでもなく、
未だApacheが安心の実績、シェアトップの座に君臨し続けています。

Apacheは「httpd.conf」という設定ファイルを使って設定をしていきます。
「httpd.conf」ファイルの内容を分割して外部ファイル化し、
「httpd.conf」からそれらの内容を読み込むという構成をとる場合もありますが、
書く内容は変わりません。

httpd.confを使ってどんな設定ができるの?
というところを、今回から数回に分けて見ていきたいと思います。
今回は基本認証(Basic認証)の設定をしていきます。

Apacheのインストール

まずはApacheをインストールしましょう。
簡単にパッケージ管理ツール「YUM」を使ってインストールします。

# yum install httpd

ApacheというのはWebサーバですが、
Webサーバは「HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)」というプロトコルでクライアントとやり取りをします。
クライアントからきたHTTPリクエストを受取り、HTTPリクエストに応じた処理を行う常駐プロセス(デーモン(daemon))なので、yumを使ってインストールするときは「yum install apache」ではなく、「yum install httpd」としてインストールを行うのです。
インストールが完了したら、ちゃんとインストールができているか確認しておきましょう。

# service httpd start

これでHTTPプロセス(=Apache)が起動します。
インストールができていれば、ちゃんと起動してくれるはずです。

# ps aux | grep httpd

これでApacheプロセスが起動しているかを確認しましょう。
以下のように表示されれれば、起動しています。

root     27160  0.0  1.4  19736  7436 ?        Ss   Feb07   0:00 /usr/sbin/httpd
apache   27789  0.0  0.6  19736  3324 ?        S    04:02   0:00 /usr/sbin/httpd
apache   27790  0.0  0.6  19736  3324 ?        S    04:02   0:00 /usr/sbin/httpd
apache   27791  0.0  0.6  19736  3324 ?        S    04:02   0:00 /usr/sbin/httpd
apache   27792  0.0  0.6  19736  3324 ?        S    04:02   0:00 /usr/sbin/httpd
apache   27793  0.0  0.6  19736  3324 ?        S    04:02   0:00 /usr/sbin/httpd
apache   27794  0.0  0.6  19736  3324 ?        S    04:02   0:00 /usr/sbin/httpd
apache   27795  0.0  0.6  19736  3324 ?        S    04:02   0:00 /usr/sbin/httpd
apache   27796  0.0  0.6  19736  3324 ?        S    04:02   0:00 /usr/sbin/httpd

ここまできたら、次に基本認証の設定に入っていきましょう。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP