nagiosでフリーな監視をしてみよう!~nagiosの設定(5)~

この記事は2015年2月9日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


nagiosでフリーな監視をしてみよう!~nagiosの設定(5)~

nrpeのインストール


今回は、いろいろなサービスのせっていについて紹介していこうと思います。
Nagiosを使って、リモートホストのリソース監視(CPU使用率やメモリ使用率、ディスク容量使用率など)を実施する為には、nrpeの設定を行う必要があります。
まずは、nrpeを監視側であるサーバにインストールしていきます。

(1)「/usr/local/src」ディレクトリに移動し、wgetコマンドでソースコードをダウンロードします。

# cd /usr/local/src
# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/nagios/nrpe-2.15.tar.gz


(2)ソースコードを解凍し、解凍したディレクトリに移動します。

# tar xfz nrpe-2.15.tar.gz
# cd nrpe-2.15


(3)nrpeをインストールします。

# ./configure && make check_nrpe
# paco -D make install-plugin

nrpeのインストール(監視対象側)


次に、監視対象となるサーバにnrpeをインストールしていきます。

監視対象 IPアドレス
linuxサーバ(centos) 192.168.100.75


(1)事前に、必要なツールをインストールします。

# yum -y install xinetd openssl-devel


(2)nagiosユーザーを作成します。

# useradd -d /usr/local/nagios/ -M nagios


(3)nrpeのインストール先である「/usr/local/nagios」ディレクトリを作成します。

# mkdir /usr/local/nagios


(4)nrpeのインストール先である「/usr/local/nagios」ディレクトリの所有者権限を変更します。

# chown nagios:nagios /usr/local/nagios


(5)「/usr/local/src」ディレクトリに移動し、wgetコマンドでソースコードをダウンロードします。

# cd /usr/local/src
# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/nagios/nrpe-2.15.tar.gz


(6)ソースコードを解凍し、解凍したディレクトリに移動します。

# tar xfz nrpe-2.15.tar.gz
# cd nrpe-2.15


(7)nrpeをインストールします。

# ./configure && make nrpe
# make install-daemon && make install-daemon-config && make install-xinetd

Nagiosプラグインのインストール(監視対象側)


監視対象となるサーバにNagiosプラグインをインストールしていきます。

(1)「/usr/local/src」ディレクトリに移動し、wgetコマンドでソースコードをダウンロードします。

# cd /usr/local/src
# wget http://nagios-plugins.org/download/nagios-plugins-2.0.3.tar.gz


(2)ソースコードを解凍し、解凍したディレクトリに移動します。

# tar xfz nagios-plugins-2.0.3.tar.gz
# cd nagios-plugins-2.0.3


(3)Nagiosプラグインをインストールします。

# ./configure
# make && make install

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP