CentOS6にApache+PHP+MySQL+Laravelの環境を構築する(インストール編)


CentOS6にApache+PHP+MySQL+Laravelの環境を構築する(インストール編)

昨今のPHPフレームワーク


PHPには、フレームワークと呼ばれる、Webアプリを開発する際に必要とされるさまざまな機能をまとめて提供してくる便利なソフトウェアが存在します。
しかし、近年のPHPフレームワークは様々な種類があり、それぞれに特徴もあります。
今回は、その中でも最近注目されている「Laravel」の構築を紹介していきます。

PHPフレームワークの種類とトレンド


今回は、「Laravel」の構築を紹介していきますが、それ以外の代表的なPHPフレームワークと2014年現在のトレンドを紹介しておきます。
まず、代表的なPHPフレームワークの次のようなものがあります。

・Symfony
・CakePHP
・Zend Framework
・CodeIgniter


・Symfony
1


・CakePHP
2


・Zend Framework
3


・CodeIgniter
4


また、2014年現在のトレンドを以下に表示しておきます。見てみると、ここ2・3年の間にLaravelが伸びてきています。

5

構築する際の環境


今回は、題目にもありますが、以下のような環境で構築していきます。

項目 種類 バージョン
OS CentOS release 6.5
Webサーバ Apache 2.2.15
データベース MySQL 5.5.39
プログラミング言語 PHP 5.4.32

動作要件と関連サイト


以下が、Laravelをインストールするうえで、最低限の条件となります。
※現在のLaravel4では、PHP5.4以上となっています。

・Apacheかnginx、もしくは、他の互換性のあるWebサーバー
・PHPは、5.3.7以降のもの。
・Laravelでは、Mcryptライブラリを暗号とハッシュの生成に使用しているため、Mcryptが必要。


Laravelに関するサイトは以下のとおりです。
・本家サイト
URL:http://laravel.com/

6


Laravelに関するサイトは以下のとおりです。
・日本語サイト
URL:http://laravel.com/

7

 

次回は、実際にapacheのインストールから順に紹介していきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP