無料で監視ツールを構築しよう~Zabbixのログ監視設定(1)~


無料で監視ツールを構築しよう~Zabbixのログ監視設定(1)~

さまざまな監視機能


今回は、ログ監視について紹介していきます。

ログ監視について


ログの監視を行うには、zabbixエージェント(アクティブ)を使用する必要があります。
通常のzabbixエージェントでは、サーバから定期的にデータを要求しますが、zabbixエージェント(アクティブ)は、エージェント自身が能動的に監視を行い、データをサーバに送信します。
以下は、Zabbix エージェント(アクティブ)の代表的なキー一覧となります。

監視項目 キー 設定例
ログ監視 log[file,,,,] logrt[file_format,,,,] log[/var/log/messages,,,100] logrt[“/var/log/messages-[0-9]{8}$”,,,100]


また、以下は、キーの簡単な説明一覧です。

キー名 説明
log[file,,,,] 1つのログファイルのみを監視。 _
logrt[file_format,,,,] ローテートされた複数のログファイルを監視。
ファイル名の候補は、正規表現で指定することができます。
「/var/log/messages-[0-9]{8}$」であれば「/var/log/messages-20130414」などのファイルが対象となる。


事前準備


今回の設定で行うログ監視では、zabbixエージェントを動作させるユーザ(zabbix)がログファイルにアクセスする権限が必要となります。
そこで、前もってzabbixがroot権限で実行できるように「/etc/zabbix/zabbix_agentd.conf」内の# AllowRoot=0をコメントインしておく必要があります。

vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf


・変更前

# AllowRoot=0

### Option: Include

・変更後

# AllowRoot=0
AllowRoot=1

### Option: Include



また、設定を行った後は、サービスの再起動を行い、設定を反映させてください。

service zabbix_agentd restart

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP