Nginxインストール編② 無料クラウドAWSでサーバ構築手順まとめ


Nginxインストール編② 無料クラウドAWSでサーバ構築手順まとめ

AWS環境でサーバ構築していきます。今回はNginxをソースファイルからインストールしていきます!

本連載では、無料クラウドAWS環境へ様々なサーバ環境を構築し、インストール&設定手順をまとめていきます。
今回は、前回の「Nginxインストール編② 無料クラウドAWSでサーバ構築手順まとめ」に引き続き、インストール手順をまとめていきます。
前回解説した内容は、CentOSへYUMというパッケージ管理ツールを用いて、Nginxをインストールする手順でした。
今回はYUMではなく、ソースファイルからNginxをインストールする手順をまとめていきます。

なお、今回使用する環境はAmazonWebServices(通称AWS)の主要サービスである「EC2」です。
EC2にインスタンスと呼ばれる仮想OSを立ち上げて、使っていきます。
このあたりの設定方法は「AWS無料クラウドサーバEC2にRuby,Rails環境を構築する手順まとめ」に詳しく書いてありますので、参考にしてみてください。

Nginxのインストール(ソースファイルバージョン)

まずは準備から始めます。
ソースファイルをビルドするにあたって必要なモジュール群をインストールしておきます。

$ sudo yum install pcre pcre-devel
$ sudo yum install zlib zlib-devel
$ sudo yum install openssl openssl-devel
$ sudo yum install gcc gcc-c++

インストールしたライブラリの説明をしておきます。

PCRE

PCREとはPerl互換正規表現ライブラリ(Perl Compatible Regular Expressions)のことです。
正規表現とは、文字列の一部をパターン化して表現する方法のことです。この表記方法ではPOSIX構文という表記が使われることが多かったのですが、PCREは検索がより早いということもあり、多くのソフトにPCRE正規表現が組み込まれています。そのため、事前にインストールをしておきます。

zlib

zlibとは、データの圧縮および伸張を行うためのライブラリのことです。

openSSL

インターネット上で通信をする際の暗号化の仕組みとしてSSL(Secure Sockets Layer)やTLS(Transport Layer Protocol)というプロトコルがあります。openSSLは、これらに対応したライブラリのことです。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP