無料で監視ツールを構築しよう(3)~Zabbixの構築~


無料で監視ツールを構築しよう(3)~ZABBIXの構築~

Zabbixのインストール

次に、Zabbixをインストールしていきます。
(1)ZABBIX専用ユーザーを作成します。

groupadd zabbix
useradd -g zabbix zabbix

(2)「/usr/local/src」ディレクトリに移動し、wgetコマンドでソースコードをダウンロードします。

cd /usr/local/src
wget http://prdownloads.sourceforge.net/zabbix/zabbix-2.2.4.tar.gz

zabbixの本家サイト
zabbix.com

(3)ソースコードを解凍し、解凍したディレクトリに移動します。

tar xfz zabbix-2.2.4.tar.gz
cd zabbix-2.2.4

(4)コンパイルのための準備を行います。

./configure
--prefix=/usr/local/share/zabbix-2.2.4
--enable-server
--enable-agent
--enable-ipv6
--with-libcurl=/usr/bin/curl-config
--with-mysql=/usr/local/mysql/bin/mysql_config
--with-net-snmp=/usr/bin/net-snmp-config

(5)コンパイルし、インストールを行います。

make && make install

Zabbixの設定

次に、zabbixを動作させるための設定を行います。
(1)MySQLにzabbix用のユーザーを作成します。

mysqladmin create zabbix --default-character-set=utf8 -p

(2)MySQLにアクセスします。

mysql -uroot -p

(3)zabbixユーザーにアクセス権とパスワードを設定し、有効化します。

grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by '****';
flush privileges;
SELECT host,user FROM mysql.user;

(4)設定を確認後、MySQLをログアウトします。

SELECT host,user FROM mysql.user;
quit

(5)MySQLに初期データを設定します。

cat database/mysql/schema.sql | mysql -u zabbix -p zabbix
cat database/mysql/images.sql | mysql -u zabbix -p zabbix
cat database/mysql/data.sql | mysql -u zabbix -p zabbix

※zabbixユーザーのパスワードの入力時には注意してください。

(6)zabbixの初期設定を行います。
設定ファイルにデータベースにアクセスするためのユーザーとパスワードを設定します。

vi /usr/local/share/zabbix-2.2.4/etc/zabbix_server.conf

・設定内容

DBUser=zabbix
DBPassword=****

※パスワードについては、個別に設定します。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP