カレンダーをCalDAVクライアントで管理しよう(CalDAV/DAViCALの構築)③


カレンダーをCalDAVクライアントで管理しよう(CalDAV/DAViCALの構築)③

「jqCalDAV(Webクライアント)」の概要

今回は、「jqCalDAV(Webクライアント)」について、紹介していきたいと思います。
「jqCalDAV(Webクライアント)」は、html5とcss3で構成されています。
前回の「CalDavZAP(Webクライアント)」と同じように、予め、Webサーバが必要となります。
[note] ・OS:CentOS-5.9
 ⇒windowsでも、LinuxでもWebサーバが設置できるところであれば、問題なし。
・Webサーバ:apache http server
 ⇒http文書が公開できるサーバであれば問題なし。
[/note]

 

「jqCalDAV(Webクライアント)」のダウンロード

まずは、apacheがインストールされているサーバに接続し、ソースをダウンロードします。
方法としては、wgetコマンドでダウンロードするか、gitコマンドでダウンロードするかです。
まず、wgetコマンドでダウンロードする手順です。

cd /usr/local/src
wget http://boxacle.net/jqcaldav/latest.zip

もう1つの手順ですが、gitコマンドでダウンロードする手順です。

cd /usr/local/src
git clone http://boxacle.net/jqcaldav/.git/

本家サイト
1


 

「jqCalDAV(Webクライアント)」のインストール

wgetコマンドでダウンロードした場合には、「jqCalDAV」の解凍をし、ドキュメントルートに配置します。

mkdir jqcaldav
unzip latest.zip -d jqcaldav
ls -l jqcaldav
mv jqcaldav /usr/local/apache2/htdocs/

gitコマンドでダウンロードした場合には、すでに「jqcaldavディレクトリ」があるはずですので、ドキュメントルートに配置します。

ls -l jqcaldav
mv jqcaldav /usr/local/apache2/htdocs/

※apacheのドキュメントルートは、ここでは「/usr/local/apache2/htdocs」とします。

 

「jqCalDAV(Webクライアント)」の設定

jqCalDAVディレクトリ配下の「index.html」ファイルを開き、20行目の「data-caldavurl」属性にcaldavサーバのパスを指定します。

cd /usr/local/apache2/htdocs/jqcaldav/
vi index.html

・変更前

<!DOCTYPE html>
<html >
        <head >
                <title >jqCalDav
                </title>
                <script src="jquery-1.6.4.js" ></script>
                <script src="jquery.xmlns.js" ></script>
                <script src="jquery-dav.js" ></script>
                <script src="tz/date.js" ></script>
                <script src="styles.js" ></script>
                <script src="dates.js" ></script>
                <script src="ical.js" ></script>
                <script src="jqcaldav.js" ></script>
                <style >
                        html { margin: 0; }
                        body { margin: 0; padding: 0; height: auto;}
                </style>
        </head>
        <body >
                <div class="jqcaldav" data-caldavurl='/' data-wait='false' >
                </div>
        </body>
</html>

・変更後

<!DOCTYPE html>
<html >
        <head >
                <title >jqCalDav
                </title>
                <script src="jquery-1.6.4.js" ></script>
                <script src="jquery.xmlns.js" ></script>
                <script src="jquery-dav.js" ></script>
                <script src="tz/date.js" ></script>
                <script src="styles.js" ></script>
                <script src="dates.js" ></script>
                <script src="ical.js" ></script>
                <script src="jqcaldav.js" ></script>
                <style >
                        html { margin: 0; }
                        body { margin: 0; padding: 0; height: auto;}
                </style>
        </head>
        <body >
                <div class="jqcaldav" data-caldavurl='/davical/caldav.php' data-wait='false' >
                </div>
        </body>
</html>

※caldavサーバのドキュメントルートに合わせてください。

「jqcaldav(Webクライアント)」の確認

①ブラウザを開き、「jqcaldav」にアクセスします。
[note] ・URL
⇒http://[サーバドメイン名]もしくは[サーバIP]/jqcaldav/
※ユーザー名・パスワードは、個別で確認してください。
2

②Username・Passwordを入力後、[go]ボタンをクリックします。

②ログインすると、全てのスケジュール表が表示されます。
「jqcaldav」の使い方については、別途機会があれば紹介したいと思います。
また、日本語版がないので、自身でカスタマイズする必要があります。

 

次回は、「outlookの設定」について説明していきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP