LinuxServer RAIDについて その3


LinuxServer RAIDについて その3


前回Xen上のゲストOSにアタッチしたディスクでソフトウェアRAIDを作成したので
今回はそこにファイルシステムを作成していく。

RAIDデバイスを使ってみる

RAIDデバイスにファイルシステムを作成

作成したRAIDデバイス(md0)を使用するには通常のディスクのようにファイルシステムを作成してマウントをする必要がある。
今回は ext3 にて作成した。

[root@gestos01 ~]# mkfs -t ext3 /dev/md0
mke2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=1024 (log=0)
Fragment size=1024 (log=0)
50200 inodes, 200704 blocks
10035 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=1
Maximum filesystem blocks=67371008
25 block groups
8192 blocks per group, 8192 fragments per group
2008 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        8193, 24577, 40961, 57345, 73729

Writing inode tables: done
Creating journal (4096 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 27 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

RAIDデバイスをマウントする

今回は /mnt にRAIDデバイスをマウントをしてみた

[root@gestos01 ~]# mount /dev/md0 /mnt
[root@gestos01 ~]# df
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
                       6760920   2814760   3597184  44% /
/dev/xvda1              101086     21281     74586  23% /boot
tmpfs                   262232         0    262232   0% /dev/shm
/dev/md0                194366      5664    178667   4% /mnt

RAIDデバイスを使用してみる

通常のデバイスの用に使用できていることが確認できる。

[root@gestos01 ~]# cd /mnt
[root@gestos01 mnt]#
[root@gestos01 mnt]# ll
total 12
drwx------ 2 root root 12288  3月 28 18:37 lost+found
[root@gestos01 mnt]# touch
touch: missing file operand
Try `touch --help' for more information.
[root@gestos01 mnt]# touch aaa
[root@gestos01 mnt]# ls
aaa  lost+found


RAIDデバイスが使用できることが確認ができた。
次回はRAIDデバイスを起動時にマウントするようにする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP