javaコーディングの基礎 とっても簡単なjava 【初級編 第5回】


javaコーディングの基礎

第5回では先日作成したHelloWorld.javaを例に、コーディングについて細かく解説していきます。

コーディング時の注意点

前回作成したHelloWorld.javaを確認しましょう。

public class HelloWorld{

	//プログラムの実行開始位置です。このmainの次から処理が始まります。
	public static void main(String[] args){

		//Hello World Javaという文字を、画面に標準出力(System.out)させています。
		//「;」は行の終わりを意味しています。
		System.out.println("Hello World Java");
	}
}

さて本題に入る前に用語を2つ説明します。

  • ソースファイル
  • ○○.javaという形式のファイルです。
    これは私たちがソースコードを記述(コーディング)し、保存するファイルです。

  • クラスファイル
  • ○○.classという形式のファイルです。
    コンパイルにより自動生成されるファイルです。

それでは本題に入りましょう。
コーディング時の注意点は次の6つです。

  1. ソースコードは半角英数字で記述します。
  2. 上記HelloWorld.javaではすべて半角で記述しています。
    8行目の「””」の中身は大文字や日本語でも問題ありません。
    詳しくは別途解説します。

  3. スペースを入れる際も半角のスペースを使用します。全角スペースは入れないでください。
  4. 英字の大文字、小文字は区別されます。
  5. 上記ではクラス名をhelloworldではなくHelloWorldとしています。
    javaではスペースを入れると別の単語として認識されます。
    したがってHello worldとしたい場合は、wを大文字にしてHelloWorldと記述するのが一般的です。

  6. 保存する際は、○○.javaというファイル形式で保存してください。
  7. 各文の最後には必ずセミコロン「;」を付けてください。
  8. 「{}」で囲まれた部分をブロックと呼びます。

ソースコードの確認

ソースコードを確認していきましょう。

  • 1行目 public
  • これはアクセス修飾子と呼ばれるものです。
    ファイルへのアクセスレベルを設定するもので、private,publicなどが存在します。
    詳細は後日改めて解説します。

  • 1行目 class宣言
  • ソースファイル内には必ずこのclass宣言が最低一つは必要となります。

  • 4行目 main()メソッド
  • このmainメソッドはjavaアプリケーションを実行する際の開始位置を表します。
    記述方法は4行目のように、public static void main(String[] args)と記述します。
    String[] argsはString args[]と記述しても問題はありません。
    しかしながら、大文字と小文字は必ず区別してください。
    コンパイル時にエラーが発生します。(コンパイル時に発生するエラーをコンパイルエラーと呼びます。)

  • 8行目 System.out.println(“”)
  • System.out.println(“”)は画面に何かを表示させる際に利用します。
    上の例ではHello World Javaと画面に表示させています。

クラス名とソースファイル名

先ほど、class宣言は「一つ以上必要」とご説明しました。
そうですね、複数存在することができるということです。

でもここで一つだけ注意が必要です。

  • ファイル名:HelloWorld.java
  • public(アクセス修飾子)が付いているクラスが存在する場合、そのクラス名をソースファイル名にします。

    public class HelloWorld {
    }
    
    class sample{
    }
    
  • ファイル名:sample.java、HelloWorld.java共にOK
  • public(アクセス修飾子)が付いていないので、どちらでも問題ありません。

    class HelloWorld {
    }
    
    class sample {
    }
    
  • ファイル名:sample.java
  • public(アクセス修飾子)が付いているクラスが存在する場合、そのクラス名をソースファイル名にします。

    public class HelloWorld {
    }
    
    class sample {
    }
    
  • ファイル名:sample.java、HelloWorld.java共にNG
  • public(アクセス修飾子)は1つのjavaファイル内に複数定義できません。

    public class HelloWorld {
    }
    
    public class sample {
    }
    

以上です。
今回は大まかにわかっていただけていれば問題ありません。

次回はリテラルについて解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP