LinuxServer シェルとコマンド操作について ファイル操作コマンド


LinuxServer シェルとコマンド操作について ファイル操作コマンド

日常的にファイルやディレクトリの作成、移動、コピー、削除の操作が発生します
これらの操作に必要なコマンドを紹介していきます。

lsコマンド

lsコマンドはファイルやディレクトリの情報を表示します。

[コマンド書式]
ls -オプション ディレクトリまたはファイル

主なオプションは次のとおりです

オプション 説明
-a `.’ で始まるファイルもリスト表示します
-A `.’ で始まるファイルもリスト表示しますが
‘.’(カレントディレクトリ )と ‘..’(親ディレクトリ)は表示しません
-d 指定したディレクトリの情報を表示します
-F ファイルの種類を表示します
ディレクトリは「/」
実行ファイルは「*」
シンボリックリンクは「@」です
-i iノード番号を表示します
-l パーミッション、所有者、サイズ、タイムスタンプ等の詳細情報を表示します
-t タイムスタンプでソートして表示します
-h 単位などを読みやすい形式で表示します

[コマンド]カレントディレクトリ内の情報を表示
$ ls
Maildir file01 file02

[コマンド]カレントディレクトリ内で隠しファイルも含めて詳細情報な表示
$ ls -la
合計 32
drwx—— 3 test test 4096 11月 8 10:55 .
drwxr-xr-x. 7 root root 4096 10月 3 19:05 ..
-rw——- 1 test test 5 10月 17 13:01 .bash_history
-rw-r–r– 1 test test 18 7月 24 17:38 .bash_logout
-rw-r–r– 1 test test 193 7月 24 17:38 .bash_profile
-rw-r–r– 1 test test 124 7月 24 17:38 .bashrc
drwx—— 5 test test 4096 10月 16 11:36 Maildir
-rw-rw-r– 1 test test 0 11月 8 10:54 file01
-rw-rw-r– 1 test test 15 11月 8 10:55 file02

[コマンド]カレントディレクトリ内で隠しファイルも含めて詳細情報な表示
ただし、但し、.と..は出力しません
$ ls -lA
合計 24
-rw——- 1 test test 5 10月 17 13:01 .bash_history
-rw-r–r– 1 test test 18 7月 24 17:38 .bash_logout
-rw-r–r– 1 test test 193 7月 24 17:38 .bash_profile
-rw-r–r– 1 test test 124 7月 24 17:38 .bashrc
drwx—— 5 test test 4096 10月 16 11:36 Maildir
-rw-rw-r– 1 test test 0 11月 8 10:54 file01
-rw-rw-r– 1 test test 15 11月 8 10:55 file02

cpコマンド

cpコマンドはファイルやディレクトリをコピーします。
書式

[コマンド書式]
cp -オプション コピー元ファイル コピー先ファイル

主なオプションは次のとおりです

オプション 説明
-i コピー先に同名のファイルがある場合は確認します
-f コピー先に同名のファイルがある場合は上書きします
-p コピー元の属性(所有権、グループ、アクセス権、タイムスタンプ)を保ってコピー
-r、-R ディレクトリを中身を含めてコピーします
-rではデバイスファイルのコピーはできませんが-Rなら可能です
-d シンボリックリンクをコピーする場合、シンボリックリンクとしてコピーします
-l パーミッション、所有者、サイズ、タイムスタンプ等の詳細情報を表示します
-t タイムスタンプでソートして表示します
-h 単位などを読みやすい形式で表示します

[コマンド]カレントディレクトリのhoge2.txtをtextarc/へ属性を保持したままコピー
$ ls -l hoge2.txt
-rw-rw-r– 1 s7admin s7admin 0 11月 2 13:30 hoge2.txt

$ cp -p hoge2.txt textarc/

$ ls -l textarc/
合計 0
-rw-rw-r– 1 s7admin s7admin 0 11月 2 13:30 hoge2.txt

mvコマンド

mvコマンドはファイルやディレクトリを移動します。ファイル名の変更も可能です

[コマンド書式]
mv -オプション 移動元ファイル(ディレクトリ) 移動先ファイル(ディレクトリ)

主なオプションは次のとおりです

オプション 説明
-i 移動先に同名のファイルがある場合は確認します
-f 移動先に同名のファイルがある場合は上書きします
-u 移動先に同名のファイルがある場合、移動元より新しい場合は、移動しません

[コマンド]kekka04.logをkekka05.logに名称を変更します
$ mv kekka04.log kekka05.log

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP