IPv4アドレスのクラス


IPv4アドレスはそのアドレス範囲によりクラスAからEまで分類されます。言われれば思い出せますが、各クラスのプライベートアドレスが取り得る範囲など忘れてしまいがちなので、備忘録にして頂きますと幸いです。

クラスA
0.0.0.0/8 ~ 127.255.255.255/8
社内や家庭内で使用できるプライベートアドレスは次の範囲です。サブネットマスクが8bit長なので、百万台以上のホストにIPアドレスを割り当てることができます。
10.0.0.0/8 ~ 10.255.255.255/8(プライベートアドレス)
サブネットに分けて複数のセグメントで運用することも可能です。

クラスB
128.0.0.0/16 ~ 191.255.255.255/16
プライベートアドレスは次のとおりとなります。サブネットマスクは16bit長で、ネットワーク部に含まれる第2オクテットは16から31までの値を取り得ることができます。
172.16.0.0/16 ~ 172.31.255.255/16(プライベートアドレス)

クラスC
192.0.0.0/24 ~ 223.255.255.255/24
プライベートアドレスは次のとおりで、一般的な家庭でよく使用されます。1セグメントあたりのホスト数が少ない場合はまずこちらを使用しておけば問題ないでしょう。
192.168.0.0/24 ~ 192.168.255.255/24(プライベートアドレス)

クラスD
クラスDはマルチキャスト専用のアドレスであり、普通のホストへ設定しません。マルチキャストとは、同じグループに属する複数のホストへ一斉にパケットをとばすことです。
224.0.0.0 ~ 239.255.255.255
プライベートアドレスはありません。

クラスE
実験用として予約されており、マルチキャストと同じくホストへ割り当てることができません。
240.0.0.0 ~ 255.255.255.255
プライベートアドレスはありません。

written by 伊藤豪朗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP